【お仕事案内書】想像できないガテン系の裏側チェック17 Pt.

体力のある男性向けの仕事といえば、いわゆるガテン系。建設業ではチームワークが必要で、運輸業は孤独……というイメージがありますが、実際の仕事内容は外からでは分からないもの。ここに紹介する漫画で、ちょっと内情を覗いてみてはいかがでしょう。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『ドトウの笹口組』

昭和末期から平成初期の、建設業の現場を描いた人情コメディ漫画。笹口組は、ガサツで騒々しいが、腕は確かで気は優しい連中の揃った、家族的な建築屋。小柄でひ弱な青年・山ちゃんが多少浮いているものの、他の仲間に迷惑をかけてかけられ、楽しく日々の仕事をこなしていく。

『働きマン』

女性編集者を主人公とした、出版社を舞台とするビジネス漫画。主人公・松方弘子の恋人・山城は、大手ゼネコン勤務。温厚で人当たりのいい青年で、現場監督から営業職となっているが、現在の仕事と自分のやりたい仕事にギャップを感じ、誇りとやり甲斐を持てないでいる。仕事に打ち込んでいてデートをキャンセルする事も多い弘子とは次第に溝が生じ、破局を迎えてしまう。

『ドカコック』

建築現場でうまい料理を振舞う、流れ者の土木作業員を主人公とした連作読切漫画。京橋建策は各地をさすらう流れ者の土木作業員だが卓越した料理の腕を持っており、現場で発生したトラブルを料理で解決してしまう。彼の噂は「ドカコック」としてネットで広まっているが、本人は自ら触れ回る事はせず「自分はただのドカですよ」と言い残して立ち去るのが基本パターン。京橋の作業スキルは高く、土木、建築、保線などの工事や、造船の現場にも登場する。

『ダブル・ニッケル』

アメリカでトレーラー運輸業を営むコンビを主人公とした、読切連作のアクション漫画。タイトルの「ダブル・ニッケル」とは、5セント硬貨がニッケル製である事から、公道の法定制限速度である55マイル/時を意味する。この制限速度を守っていては達成できない仕事に取り組むモサクと将軍のコンビは、その道中で様々なトラブルに巻き込まれる。

『ころがし涼太』

暴走族あがりのバス運転手による、カーアクションコメディ。かつて地域で一番の暴走族だった高尾涼太は、路線バスの運転手に就職していた。だが、美人には優しく、その他の客は粗末に扱うなど、問題を起こしてばかり。だがいざという時には男気と、優れたドライビングテクニックを見せる。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!