『アカギ~闇に降り立った天才~』の世界1140 Pt.

福本伸行の人気麻雀漫画、『アカギ~闇に降り立った天才~』。
ここでは、その作品概要と魅力、登場する名言などを紹介する。

作成日時:2016-05-17 12:00 執筆者:マンガペディア公式

『アカギ~闇に降り立った天才~』とは

もともとは同作者の『天 天和通りの快男児』という漫画の登場人物であった、赤木しげるを主人公としたスピンオフ作品で、1992年に連載が開始されて2016年の時点で未だ連載中という長寿作品。
福本作品には基本的にギャンブルや勝負を扱った作品が多いが、アカギはその中でもギャンブルの王道ともいえる麻雀に特化した作品だ。
麻雀ならではの心理戦を丁寧に描いているのが本作の最大の特徴だが、あまりに細かく描いているため勝負の進行は非常に遅く、本作の大筋ともなっている「鷲巣麻雀編」は実に15年以上もの間ひとつの勝負を行っている。
本当に完結するのだろうか。
人気は福本作品の代表格でもある『カイジ』にも負けないものがあり、熱心なアカギファン、麻雀愛好家なら麻雀を打っている際に思わずアカギの真似をする人もいるほどだ。

・主な登場人物

「赤木しげる」
本作の主人公で、「悪魔」の異名を持つ天性の雀鬼。
十代の少年ながら髪は白く、百戦錬磨の達人を思わせる独特の雰囲気を纏っている。
狂気の世界を楽しんでいるような精神異常者といえる一面を持ち、死を恐れるどころか自らそちらの方へ進んでいく危険な性分の持ち主でもある。

「鷲巣巌」
裏社会の帝王で、アカギをもってしても「運だけは敵わない。」と言わしめる博才を持つ。
そのため、実際の世界でも強運をあらわす際にワシズの名をもってそれを表現することもあるほどだ。
作中でアカギは打ち手を飲み込む「ブラックホール」と例えているのに対し、ワシズは「ホワイトホール」と表現され、対極性を引き立たせている。

「安岡」
元々アカギを追う刑事だったが、アカギの才を目の当たりにしてからは、ギャンブルの場をセッティングするなど、サポート役にまわる事が多い。
暴力団とのつながりのある悪徳警官で、アカギを利用して儲けようとしているが、人情に篤く憎めない部分がある。「安心しな俺が最高の舞台をセッティングしてやる!」のセリフと声優絡みで、ファンの間では「セッティングパパ」と呼ばれている。


福本作品をまだ読んだことのない方や麻雀に興味のない方には、難しいかもしれないが、他の作品には無い表現が多いので、読まず嫌いをせずに読んでみてほしい。

関連ガイド

ランキング

2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!!

2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!!

  • 1,822 Pt.
  • 公開日時:2017.03.22 15:00
魅力的なショートカット美少女キャラクター5選

魅力的なショートカット美少女キャラクター5選

  • 1,636 Pt.
  • 公開日時:2017.03.22 18:00

もっとみる

ピックアップ

『このすば!2』3大問題児ヒロインがセットのフュギュアになって登場!

『このすば!2』3大問題児ヒロインがセットのフュギュアになって登場!

セルゲーム時の「人造人間18号」が3月9日(木)より予約受付開始!

セルゲーム時の「人造人間18号」が3月9日(木)より予約受付開始!

4/8より放送『エロマンガ先生』最新キービジュアル・PV解禁!

4/8より放送『エロマンガ先生』最新キービジュアル・PV解禁!

巨乳でツンデレなキャラ7選!!

巨乳でツンデレなキャラ7選!!

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!