舞台化されたオススメマンガ10選!49 Pt.

読むだけ見るだけだなく、肌でも作品の良さを感じられるミュジーカル。今回は、舞台化を実現したオススメのマンガ10作をご紹介!

舞台化されたオススメマンガ10選!

出典:Amazon.co.jp

概要

実力派俳優たちによって実現されるミュージカルの数々。今回は、その舞台の題材として選ばれたオススメのマンガを紹介していく!

『青の祓魔師』

生まれてすぐ孤児となった双子の「奥村燐」と「奥村雪男」は、育ての親である「藤本獅朗」が神父を務める「南十字男子修道院」で育った。中学卒業後の進路に悩んでいた「燐」は、ある日悪魔の存在を知り、自身が魔神「青焔魔(サタン)」の息子であると祓魔師の「獅朗」から告げられる。悪魔と人間の間に生まれた「燐」を中心に、祓魔師と悪魔との戦いや「燐」の通う「祓魔師養成機関祓魔塾」での仲間たちとの成長の日々を描いた『青の祓魔師』。なんと本作はこれまで5回にわたり舞台化を果たしており、ミュジーカル作品とてしも高い人気を誇っていることが窺えるマンガ。悪魔たちとの戦いの日々をどのように表現しているのか、もちろん発売されているDVDでもOKだが、今後また舞台化された際には実際に劇場に足を運び、そして肌で感じ取ってほしいと思う一作である。

『弱虫ペダル』

千葉県の「総北高校」の新入生「小野田坂道」。自転車で毎週末自宅から秋葉原に通うほどのオタクである彼は、活動休止中のアニメ研究会の部員集めを思い立った。そんな時、「坂道」は同級生の「今泉」に自転車での勝負を申し込まれることに。自転車競技に打ち込む「今泉」は学校裏の激坂を楽々と自転車で上る「坂道」に驚嘆して挑んできたのだった。そしてその勝負や、大阪からきた自転車少年「鳴子」などとの出会いによって、次第に自転車のおもしろさに目覚めた「坂道」が自転車部に入部し部員たちと頂点を目指す日々が綴られた本格派スポーツ作品である。こちらも舞台化された回数が10回を誇る人気作で、中には映画館でライブビューイング上映されている作品もある。そのことからも、いかに本作の入場チケットが入手困難なのかが伝わってもらえると思う。ロードレース上だけでなく、壇上でのアツき戦いを見逃すな!

『テニスの王子様』

「サムライ」と評されテニス界に大きな衝撃を与えたスーパープレイヤーの血を引く「越前リョーマ」が、名門「青春学園」テニス部の面々と全国制覇を目指す大人気テニスマンガ。2000年代前半、中高生を中心に多くの人たちから支持を得た本作の見どころは、何と言ってもダイナミックな技の数々だろう。バウンド時に急激な変化が起きる「ツイストサーブ」やポールの外を大きく曲がって相手コートに入っていく「ブーメランスネイク」など、リアルの中では中々目にかかれない超絶プレーを、マンガの中で見事に実現した。また、週間連載でありながら高いクオリティのイラストを維持し続けたのも特徴で、ストーリー性とイラストの両方で多くの読者を魅了した一作である。そんな本作が舞台の上でどのように表現されたのかは非常に気になったファンも多いのではないだろうか。また、ミュージカルならではの音楽や歌でも多くの注目を集めた作品なので、CDやDVDなどいろんなコンテンツを通じてぜひ見てほしい。

『NARUTO -ナルト-』

大小様々な国が乱立する架空の大陸が舞台。多くの国には忍の里が存在し、彼らが各国の軍事力を担っている。里の規模は国の経済力によって変わってくるが、彼らは国の支配下にあるわけではなく、立場としてはあくまでも対等。中でも「木ノ葉隠れの里」「砂隠れの里」「岩隠れの里」「雲隠れの里」「霧隠れの里」は多くの忍を抱えており、これらの里がある国は「忍び五大国」と呼ばれていた。そんな中で、「木ノ葉隠れの里」をはじめとする五つの里の長は、特別に「影」の名を名乗ることを許されている。「木ノ葉隠れの里」出身のおちこぼれ忍者だった「うずまきナルト」が、戦いの中で仲間との絆を深め、英雄「火影」へと成長していく姿を描いた大人気マンガ『NRUTO』。本作は有名な舞台化マンガの一作であり、「WOWWOW」放送でも度々放送されている作品だ。原作ファンはもちろん、本作を知らない人でも楽しめる舞台作品なので、ぜひ気軽にチェックしてみてはいかがだろうか。

『WORKING!!』

ひょんなことから個性的すぎる店員だらけのファミリーレストランでバイトをすることになった主人公「小鳥遊宗太」。そんな彼を中心に、誰一人普通じゃない人たちが巻き起こす、痛快日常コメディ作品。主人公「宗太」は小さくてかわいいもの好きであり、「ワグナリア」で働いている小柄な「種島ぽぷら(たねしまぽぷら)」がきっかけで働くことになったが…。男性恐怖症の「伊波まひる」やトラブルメーカー「山田葵」など、「ワグナリア」で働くスタッフは主人公含め皆個性的。そんな難しい役どころを俳優陣がどのように演じているの、要注目の舞台版「WORKING!!」。関連グッズとして、舞台版「WORKING!!」DVD、メモリアルフォトブック、さらにキーチェーンやポストカードなどが当たる限定ガチャガチャなど、舞台版を起点に様々な展開を見せた実績もまた見事である。

『HUNTER×HUNTER』

大自然に囲まれて育った少年「ゴン」。幼い頃、獣に襲われた際ハンターの「カイト」に助けられ、彼から自分の父親「ジン=フリークス」が優秀なハンターであることを教えられる。そのことからハンターに強く憧れを持つようになり、11歳の時には育ての親「ミト」の反対を押し切りハンター試験に臨んだ少年が、試験を通じて出会った仲間とともに成長していく姿を描いた人気冒険マンガ『 HUNTER×HUNTER』。アニメ放送が長い時を経て二度に渡り放送されたことは有名な作品ではあるが、こちらも舞台化も実現している。その際は初代テレビ放送で声を務めた声優陣が自身の役柄を演じているとあって、特にアニメファンにはたまらないミュージカルとなった。ちなみに、コンビニ完全予約限定で発売したDVDは完売したほど高い人気を誇った舞台である。

『黒子のバスケ』

高校生がバスケットボールに励む姿を主題にしたスポーツ作品。開校2年目の新設校である「誠凛高校」にて、影の薄さを生かした独特なプレイスタイルでチームを支える「黒子テツヤ」が、バスケットボールにおいて天賦の才を持つ「火神大我」をはじめとするチームメイトともに日本一を目指していく。『テニスの王子様』と同じくライバルは多数登場するが、中でも個性的なのが、「黒子」や火神」と同級生で、他を寄せ付けない圧倒的な才覚を持っていることから「キセキの世代」と呼ばれた5人。同じ「帝光中学校」の出身でありながら、全員が違う高校に進学したことで、「黒子」たちとしのぎを削ることになっていく。舞台版でも彼ら「キセキの世代」が大活躍するので、原作が好きな方はもちろん、特定のキャラを推している人も。自身の推しメンが舞台キャラに選ばれていないかチェックしてみてほしい。

『犬夜叉』

数多くの妖怪たちが人間の生活を脅かしていた戦国時代に迷い込んだ女子中学生「かごめ」。彼女が出会った妖怪と人間の両方の血をひく半妖怪「犬夜叉」が、妖怪の妖力を高めると言われる不思議な宝玉「四魂の玉」を完成させるため、仲間と共に旅をする日々を描いたSFアクション時代劇。「山口」演じる主人公「犬夜叉」は、基本的にわがままな性格で、過去の経験から人間を忌み嫌っている。しかし、その人間の血をひくことで妖怪たちからも仲間として認めてもらえない寂しい生涯を送っていた。そんな彼がまっすぐな性格の「かごめ」と、そして彼女の祖先でありもう一人のヒロインである「桔梗(ききょう)」との関係を通じてどう変わって行くのかは、大きな見どころの一つとなっている。舞台版でも当然「かごめ」と「桔梗」の二人のヒロインが登場していることに加え、主人公「犬夜叉」役としてあの人気グループ「ゴールデンボンバー」の「喜矢武豊」が抜擢されている。また、先述のヒロイン「かごめ」役に「乃木坂46」の「若月佑美」が、「桔梗」役に「乃木坂46」の「伊藤純奈」が選ばれているのでこちらの演技も必見だ。

『キャプテン翼』

『キャプテン翼』は従来のスポーツマンガではあまり見られなかった、サッカー(スポーツ)の楽しさやサッカーの魅力を伝えることに重点が置かれているマンガだ。主人公「大空翼」の「ボールは友達」という言葉がこのコンセプトを象徴していおり、温和な性格な彼は難易度が高いサッカー技術を一目で身に付けられるほどの天賦の才を持っていながら、屈託がない人物。「翼」の目標も、「プロサッカー選手になって、日本代表をワールドカップで優勝に導く」という明快なもので、その夢を追いかける彼の姿は掲載誌を変え長年描かれ続けている。舞台版「キャプテン翼」では、アクロバティクな演出がふんだんに盛り込まれているので、原作を知らないかもしれない、若い世代の人にも楽しめる一作となっている。作中を賑わせたあの必殺シュートがどのように実現されたのか、ぜひその目で見届けてほしい作品である。

『聖闘士星矢』

ギリシャ神話をモチーフに、星座を象った「聖衣(クロス)」と呼ばれる鎧をまとった少年たちの戦いを描く物語。「聖衣」を再現したフィギュア玩具が記録的な売り上げを見せるなど、マンガのみにとどまらず、様々な媒体で人気を博した本作は、本編終了後も外伝やリメイクなどの形で派生作品が多く描かれており、その一つには舞台化も含まれている。なんと1991年、今からおよそ30年近く前に舞台化した際に役を演じたのが、あの人気アイドルグループ「SMAP」だった。当時から人気だった彼らが抜擢されること、そして元来の原作人気から大きな話題を呼んだことは言うまでもない。残念ながら彼らが全員集まってのコンサートを見ることができなくなってしまったいま、若かりし頃の彼らの姿を、高い人気を誇った本作のミュージカルを通じてその目に焼き付けほしい。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!