宇宙世紀が舞台となっている「ガンダム」作品オススメ7選629 Pt.

『機動戦士ガンダム』から続く宇宙世紀を舞台とした「ガンダム」作品の中から、ぜひ見てもらいたいオススメ作品を7つ紹介する。

作成日時:2017-06-01 18:00 執筆者:マンガペディア公式

宇宙世紀が舞台となっている「ガンダム」作品オススメ7選

出典:Amazon.co.jp

概要

宇宙世紀を舞台にした「ガンダム」作品の中で「ガンダム」ファンにはもちろん、「ガンダム」を観たことがない人にもオススメできる作品を7つ紹介。

『機動戦士ガンダム』

出典:Amazon.co.jp

本作は「ガンダム」シリーズの第一作で「宇宙世紀」と呼ばれる人類が宇宙進出した未来を舞台にした物語だ。本作の魅力は当時のロボット作品の中では異色である、主人公=正義の味方という構図をとらずに、主人公「アムロ・レイ」のいる「地球連邦政府」と敵対する「ジオン公国」双方の情勢を描いており、視聴者は双方に対し共感や嫌悪ができる内容に仕上がっている。主人公である「アムロ・レイ」を筆頭にした「ニュータイプ」と呼ばれる新しい人類の存在や、多種多様な「モビルスーツ」と呼ばれる人型ロボットの活躍は現在に至るまでその世界観を広げるには十分すぎる設定を有しており、視聴者は若干14歳の「アムロ・レイ」の視点を通して、一人の思春期の若者の葛藤と、超人的エースパイロットとしての活躍に魅了されてきたのだ。本作は今日に続く「ガンダム」シリーズの原点であって、全てが詰まっている素晴らしい作品だ。ぜひとも広い世代に視聴をオススメしたい。

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

出典:Amazon.co.jp

本作は平成になって制作されたOVA作品で、物語は『機動戦士ガンダム』と同じ「一年戦争」の東南アジア戦線を描いている。他の「ガンダム」作品の中でも屈指の戦場のリアルさを表現しており、その映像表現は今日でも高い評価を得ている。一方で主人公である「シロー・アマダ」はそんなリアルな戦場で一人かけ離れた理想主義を貫いており、それが作中では映像表現の対比として象徴されている。従来の設定より早い時期に「地球連邦軍」が「モビルスーツ」を運用していたという作品の根幹を揺るがせる設定で、「ガンダム」の世界に一石を投じることになったが、公式より「映像化」された「ガンダム」は公式設定との見解がでた事で、その世界観の寛容さを世に知らしめた作品でもある。

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』

出典:Amazon.co.jp

本作は全6話のOVA作品で「機動戦士ガンダム」の舞台である「一年戦争」の末期を描いており、その最大の特徴は主人公が「モビルスーツ」に乗らない非戦闘員の小学生であることが挙げられる。主人公「アルフレッド・イズルハ」(通称アル)が住む「コロニー」で不時着した「ジオン公国軍」の「モビルスーツ」パイロットと交流を深める物語だが、クリスマスを間際にした悲しく切ない展開へと発展していく。また「ガンダム」も登場する一方で、「ガンダム」シリーズでは珍しい「ジオン公国軍」の動向に大きく時間を割いたものとなっており、主人公「アル」と交流を深める「ジオン公国軍」の新米パイロット「バーナード・ワイズマン」が大切な人を守るために成長していく姿には多くの視聴者の涙を誘った。そんな切ない物語をぜひ一度視聴して欲しいが、クリスマスの日には見ることを控えたほうがいいだろう。

『機動戦士Ζガンダム』

出典:Amazon.co.jp

本作は「宇宙世紀0087」、「地球連邦軍」が「ジオン公国」に勝利したものの組織の腐敗が進行した世界を舞台に、主人公「カミーユ・ビダン」が軍閥「ティターンズ」の将官とトラブルを起こし、「ガンダムMarkⅡ」を強奪して反地球連邦組織である「エウーゴ」に所属し、新たな戦争に身を投じていくこととなる物語。この作品は映画版としてリメイクされるほど人気が高いが物語構成が複雑で、先に述べた軍閥に加え旧「ジオン公国」の勢力である「アクシズ」まで入り乱れる抗争が展開され、一気観しないと理解するのは少々難しいかもしれないが、逆に視聴者を飽きさせないポイントでもある。そして主人公は「最高のニュータイプ」の高い潜在能力を持ち、悲愛や大人に対しての問いかけなど見せ場も多い。また、登場する「モビルスーツ」は経年を考察されたデザインとなっており、特に可変型の中でも「Zガンダム」の洗練されたフォルムは今日でも高い評価を得ている。リアル路線といわれながらも、初代「ガンダム」からスタイリッシュな「ガンダム」へと路線変更する事に成功した偉大な作品だといえよう。

『機動戦士ガンダムΖΖ』

出典:Amazon.co.jp

本作は前作である『機動戦士Zガンダム』から1年後を舞台とした、「ティターンズ」との戦いに疲弊した「エウーゴ」と漁夫の利を狙い戦力温存した「アクシズ」との戦いを描いている。前半と後半で作風が大きく異なり、前半は主人公である「ジュドー・アーシタ」が元気快活に飛び回り、前作で傷ついた「Zガンダム」を盗みに行ったり、襲ってくる「アクシズ」の「モビルスーツ」と殺陣をするなどコミカルな展開が多いが、後半はシリアスな展開に突入し従来の「ガンダム」の世界観を繰り広げている。そしてどんな状況に陥ろうとも気丈に振舞う主人公のメンタルの強さが垣間見える。また、本作はスピンオフでも多くの登場を果たしている人気キャラ「アクシズ」の女帝「ハマーン・カーン」が登場しており、高いカリスマ性と母性をかね揃えながらもどこか寂しさを漂わせた素敵な女性である。ぜひとも御一見あれ。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

出典:Amazon.co.jp

「ガンダム」始まりの物語である『機動戦士ガンダム』から14年の歳月を得てかつての主人公「アムロ・レイ」とライバル「シャア・アズナブル」の戦いにピリオドを打つ内容となる作品。「シャア」の起こしたあらたなる戦争「第二次ネオ・ジオン抗争」での最後の一騎打ちは手に汗握る物となっている。特定のキャラクターに焦点を当てて完結へ持っていくという意味では初めての試みであり、「アムロ」と「シャア」の高い人気を裏付けている。120分に綺麗に収まった物語構成と、原点回帰に近い洗練された「モビルスーツ」デザイン。そして、手描きでの秀麗な作画は必見だ。また、主人公「アムロ」の乗る「νガンダム」はパイロット技術と機体性能も合わせ歴代最強の「モビルスーツ」と名高い。本作はこのまま一つの作品としてみる事もできる秀逸な作品であり、「ガンダム」シリーズを観てから本作を観ると初代からの物語完結に感慨深いものを感じる事ができる。

『機動戦士ガンダムF91』

出典:Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から30年近く経った「宇宙世紀0123年」が舞台の本作では、初代『機動戦士ガンダム』から登場人物が一新されており新たな「ガンダム」として描かれている。物語は明快で、元々1クールのTVシリーズとして企画されていたが映画にするにあたりストーリーを分かり易くまとめ直しており、初めて「ガンダム」を観るという方にも楽しむことができる。主人公の「シーブック・アノー」は歴代主人公の中でも「常識人」であり、ヒロインの「セシリー・フェアチャイルド」とのシンプルなラブストーリーは感情移入がしやすいものになっている。新たな時代を背負う「ガンダムF91」は従来の「ガンダム」の中でも非常に小柄で、初代「ガンダム」からの技術革新を体言している。さらわれたヒロインを救うために、人類抹殺を目論む「ドレル・ロナ」の野望を砕くために圧倒的不利な戦力差の中、主人公は最後の戦いを繰り広げる。そんな燃えるシチュエーションで大変見ごたえがある。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!