日暮 かごめ

日暮 かごめ

犬夜叉(漫画)の主人公。読みは「ひぐらし かごめ」。

登場作品
犬夜叉(漫画)
正式名称
日暮 かごめ
ふりがな
ひぐらし かごめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

神社の娘として産まれた中学三年生の少女。15歳の誕生日に、家の裏にある古井戸・骨喰いの井戸に落ちて戦国時代へとタイムスリップ、四魂の玉を巡る争いへと巻き込まれていくことになる。行動力に優れ、肝も据わっており、心優しい性格。強力な霊力を持ち、また犬夜叉と恋仲でもあった巫女・桔梗の生れ変わりであり、彼女同様に強い神通力を持つ。

また、使用する武器も桔梗と同じく弓。最初こそ乱暴な犬夜叉に反発していたが、彼の心に触れるに連れ次第に側にいることを望むようになる。犬夜叉桔梗に対する気持ちも知っており、しばし葛藤する。犬夜叉を、言霊の念珠で縛り付けており、「おすわり」という言葉で地に伏せさせることが出来る。

現役の受験生でもあり、しばしば現代と過去を行き来してはテストに頭を悩ませている。

関連人物・キャラクター

桔梗

戦国時代の高名な巫女であり、かつて犬夜叉と恋仲であった女性。日暮かごめの前世。冷静で、慈愛に満ちた性格。四魂の玉を守るという使命を受け、玉を狙う妖怪との戦いを続ける中犬夜叉と出会い、やがて親近感を抱く... 関連ページ:桔梗

犬夜叉

巨大な犬の妖怪と人間の女性を母に持つ半妖。長い白髪に犬のような耳を持ち、丈夫な赤色の火鼠の衣を纏った少年。50年前巫女・桔梗と恋仲になるが、奈落によって仲違いさせられてしまい彼女によって封印されていた... 関連ページ:犬夜叉

関連キーワード

骨喰いの井戸

『犬夜叉』に登場する場所。日暮かごめの実家である神社に存在する枯れ井戸。昔は妖怪の死体を捨てるために活用されていた。タイムスリップさせる不思議な力があるが、作中で時代を行き来出来たのは犬夜叉とかごめの... 関連ページ:骨喰いの井戸

登場作品

犬夜叉

世界観現代パートは、かごめの15歳の誕生日から、高校合格を経て、中学を卒業するまでの1年間をメインに描く。最終話の中で3年が経過し、かごめは高校を卒業することになる。戦国時代パートは、戦国の世をモデル... 関連ページ:犬夜叉

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
犬夜叉
桔梗
七宝
弥勒
珊瑚
殺生丸
邪見
りん
鋼牙
奈落
神楽
神無
琥珀
冥加
刀々斎
logo