毛利 秀高

毛利 秀高

センゴク外伝 桶狭間戦記(漫画)の登場人物。読みは「もうり ひでたか」。

登場作品
センゴク外伝 桶狭間戦記(漫画)
正式名称
毛利 秀高
ふりがな
もうり ひでたか
関連商品
Amazon 楽天

概要

同時代の実在の人物、毛利良勝をモデルとしている。尾張の土豪、堀田正貞の小間使いとして働く四角顔で巨漢の青年。言語に吃りがある。堀田正貞のもとを訪れては無理難題を言う織田信長をたたき出していた。その後は織田信長と懇意になり、やがてその配下に。

桶狭間の合戦で、指を失いながらも今川義元の首級を上げるという手柄を立てる。

登場作品

センゴク外伝 桶狭間戦記

武勇知略に優れた京都建仁寺の九英承菊なる僧侶が、駿河の今川家に招かれ、屈託のない笑顔を見せるひとりの子供、方菊丸と出会う。その子供こそのちに今川義元を名乗る人物であり、九英承菊はその軍師となる太原雪斎... 関連ページ:センゴク外伝 桶狭間戦記

SHARE
EC
Amazon
logo