黒執事

黒執事

わずか12歳にして名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の当主を務め、天才実業家としての顔も持つシエル・ファントムハイヴと、その執事であるセバスチャン・ミカエリスが、舞い込んでくる様々な事件に挑み、解決していく。2010年 2010ジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

概要

舞台は19世紀末の英国。名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の当主・シエル・ファントムハイヴの朝は、完全無欠の執事セバスチャン・ミカエリスがいれる一杯の紅茶からはじまる。そんな優雅な貴族生活の裏側でファントムハイヴ伯爵家が営むのは「女王の番犬」と恐れられる裏稼業。シエルとセバスチャン、そして伯爵家の関係者たちは、過去や因縁、事件に翻弄されつつ様々な出来事に巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

『黒執事』の主人公のひとり。広大な領地を治める名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の若き当主で、物語初期の年齢は12歳。また、玩具・製菓メーカーファントム社の社長を務め、数年で英国最大の企業に成長させた天才... 関連ページ:シエル・ファントムハイヴ

『黒執事』の主人公のひとりで、名門貴族ファントムハイヴ伯爵家の執事。品位はもちろん容姿や教養といった執事としての素養は完璧で、柔らかい物腰が特徴だが、時に辛辣、時に毒を吐くことがあり、そのスタンスは主... 関連ページ:セバスチャン・ミカエリス

先代のファントムハイヴ伯爵より仕えている古株の家令(ハウススチュワード)で、セバスチャンより上の身分にあたる。いつもお茶をすすっており、デフォルメされたノホホンとした姿で描かれていることが多いが、シエ... 関連ページ:タナカ

フィニアン

元気で人懐っこい金髪碧眼の16歳の少年で、ファントムハイヴ伯爵家の庭師(ガードナー)。顔に似合わず、シエルのステッキや太い木を素手で折ることが出来るほどの怪力を誇る。セバスチャンに雇われる前に人体実験の検体だった過去があり、その時に首元に刻印されたコードナンバーを麦わら帽子で隠している。

ファントムハイヴ伯爵家の料理人(シェフ)だが、作った料理の8割が炭で残りの2割は有害物質とセバスチャンに言わせるほど料理の腕は悪い。使用人仲間のフィニアンやメイリンと行動することが多く、3人のリーダー... 関連ページ:バルドロイ

ファントムハイヴ伯爵家の家女中(ハウスメイド)でなまり口調が特徴。極度の遠視で、シエルから贈られたメガネを掛けているドジッ娘。元腕利きのスナイパーで、メガネをはずすとスコープを使わなくてもターゲットの... 関連ページ:メイリン

皮膚のところどころが蛇のウロコ状で、蛇と話すことが出来るファントムハイヴ伯爵家の従者(フットマン)。見せ物小屋で見世物にされていたのを救ってくれたジョーカー団長率いるノアの方舟サーカス団に恩義を感じて... 関連ページ:スネーク

ファントムハイヴ伯爵家当主のシエルのいとこであり、許嫁。明るく天真爛漫な性格で、大好きなシエルを笑顔にするため日々奮闘している。その外見とは裏腹に、多数の敵を前にしても臆することなく圧倒できるほどの剣... 関連ページ:エリザベス・ミッドフォード

グレル・サトクリフ

バーネット邸の執事を務める、赤い色が好きな派手好き高慢オネエキャラ。その正体は、人の魂を狩る死神のひとりで、武器はチェーンソー型の死神の鎌(デスサイズ)。セバスチャンを「セバスちゃん」と呼んでベタ惚れしているが、本命は同じく死神のウィリアムらしい。決め台詞は「これでも執事DEATH★」。

メガネに七三分けで、冷静沈着、几帳面、真面目を絵に描いたような性格。正体は死神だが、同期ゆえかグレルの不始末の尻拭いをさせられることが多く頭を悩ませている。悪魔のことを「見境なく魂を食い散らかし、死神... 関連ページ:ウィリアム・T・スピアーズ

顔と首、左手小指の傷が特徴的な黒装束を身に纏った長い銀髪の男。葬儀屋という表の顔の裏側では、秘密裏の死体処理やそれらの死体の情報屋としての顔を持つ。棺に入れる前の遺体の検死が趣味、情報料を現金ではなく... 関連ページ:葬儀屋

ベンガル藩大国第26王子。他人の言うことを鵜呑みにしてしまうほどの単純な性格をしており、初めて見るものには何でも興味を示すほど好奇心旺盛。宮廷育ちのため、ワガママ放題であったがセバスチャンに半ば脅しの... 関連ページ:ソーマ・アスマン・カダール

ソーマの執事(カーンサマー)。ソーマと共にソーマの乳母のミーナを探しにやってきた青年で、常に温厚、冷静。ソーマへの信仰心による自己暗示(サマーディ)によって自らを強化することが出来る特殊な能力を持って... 関連ページ:アグニ

中国の貿易会社崑崙(コンロン)の英国支店長兼上海マフィア青幇(チンパン)幹部を務める、細目が特徴の華僑の男。シエルに英国内で阿片窟を開く許可を得る代わりに、東洋人街の管理を請け負っている。知ったかぶりで飄々とした性格で、とぼけたような発言が目立つが、開眼した時には冷酷な本性を垣間見せる。

アニメ

黒執事 Book of Circus

女王の番犬としてイギリス裏社会の厄介事を解決するファントムハイヴ家の少年当主、シエル・ファントムハイヴとその執事、セバスチャン・ミカエリス。ある日、ヴィクトリア女王から、彼らが訪れた街々で子供らが失踪... 関連ページ:黒執事 Book of Circus

黒執事Ⅱ

時は19世紀末のイギリス。裏社会で起こった厄介事を手段を問わず解決するファントムハイヴ家。その現当主であるシエル・ファントムハイヴは、悪魔と契約を交わし、驚異的な力を持つに至る。 そしてもう一人、悪魔... 関連ページ:黒執事Ⅱ

黒執事

時は19世紀末のイギリス、名門ファントムハイヴ家はわずか12歳ながら優秀な頭脳を持つ当主のシエル・ファントムハイヴと、何事も完璧に遂行する執事セバスチャン・ミカエリスらの手腕で繁栄していた。そんなファ... 関連ページ:黒執事

SHARE
EC
Amazon
logo