• ガイド・ニュース
  • あたり一面、巨大生物だらけ!? 「怪獣」が大暴れ!! オススメ漫画5選

あたり一面、巨大生物だらけ!? 「怪獣」が大暴れ!! オススメ漫画5選0 Pt.

高層ビルを破壊し、人々をアリのように踏みつぶしてしまう巨大な生物。得体の知れない怪獣たちが大暴れする漫画を紹介しよう。生き残るのは人類か、巨大生物か? あるいは怪獣と共存をはかるのか? 究極の選択をそれぞれの作品がどう描くのか、注目必至だ。

作成日時:2022-09-11 19:00 執筆者:マンガペディア公式

あたり一面、巨大生物だらけ!? 「怪獣」が大暴れ!! オススメ漫画5選

出典:集英社


『ジガ -ZIGA-』

『ジガ -ZIGA-』

出典:集英社

謎の巨大怪物との戦いに巻き込まれた少年の運命を描く怪獣バトル漫画。原作は佐野ロクロウ。蜂鐘(はちがね)コウは、謎の巨大怪獣に襲われる悪夢に悩まされていた。ところが、突然訪ねてきた謎の男から、夢の中の存在だと思っていた怪獣が実在することを知らされる。万野天士郎(ばんのてんしろう)と名乗った男は、コウが見たのは予知夢であり、「戦士」として怪獣と戦う特殊能力があるのだと告げる。荒唐無稽な話に戸惑うコウだったが、その翌日、万野の言葉通り、街を巨大怪獣が襲うのだった。

学校を訪ねてきた万野は、体長80mを超える得体の知れない巨大な怪獣が国内のとある島に上陸し、またたく間に島の全域を破壊してしまう映像をコウに見せる。その映像に、コウは激しいショックを受けた。映像に登場した怪物は、コウが繰り返し見る悪夢の怪獣そのものだった。どんなにリアルでも所詮は夢と思っていたコウに、万野はこれは現実だとつきつける。そして、コウは怪獣と戦うことのできる特殊な能力を持つ戦士であり、怪獣の夢を見るのがその証拠だというのだ。異常災害対策連合のアジア圏の責任者であるという万野は、コウに「君は最高の戦士になる」という予言を残して去っていく。その翌日、コウの暮らす街に、あの怪物が現れ、コウの悪夢は正夢となってしまうのだった。


『怪獣のトカゲ』

『怪獣のトカゲ』

出典:秋田書店

卵から生まれた怪獣と、怪獣を拾った姉妹の日常を描くコメディ。原案は山本崇一朗。小学生の咲は、犬のポチの散歩中に巨大な卵を発見する。怪獣の卵に違いないと確信した咲は、早速家に持ち帰る。姉の仁美に家で育てようと提案するが、卵から生まれたのは、怪獣のような手足にトカゲのような尻尾を持つ不思議な生き物。自称「怪獣」の不思議な生き物を姉妹は「トカゲちゃん」と名づけ、奇妙な同居生活がスタートした。

怪獣が生まれたら、だいじにだいじに育てて、ビルより大きい怪獣にして、手のひらにのっけてもらって学校まで運んでもらう! そんな期待に胸をふくらませて、一抱えもある大きな卵を拾ってきた咲。しかし、卵から生まれたのは、顔と体は人間で、手足は映画の怪獣のようで、トカゲの尻尾までついている。しかも生まれた瞬間から日本語がペラペラで、自分では立派な怪獣だと言い張るのだった。咲と仁美は、この生き物を「トカゲちゃん」と名付け、咲の友達として一緒に暮らすことに。自称怪獣のトカゲちゃんだが、咲を手のひらに乗せられるような、巨大怪獣になれる日はくるのだろうか。


『怪獣8号』

『怪獣8号』

出典:集英社

怪獣が異常発生する世界で、謎の生物によって怪獣化しながらも仲間を護るために闘う男を主人公に描くSFバトルアクション。舞台は、日常的に怪獣が異常発生し、人々の生活を脅かす日本。日比野(ひびの)カフカは、かつて、幼馴染みの亜白(あしろ)ミナとともに「怪獣を全滅させる」ため、日本防衛隊への入隊を目指していた。時は流れ、カフカは32歳になっても日本防衛隊には合格できず、怪獣専門清掃業社「モンスタースイーパー」で怪獣の残骸処理をして暮らしていた。

本作は巨大怪獣が次々と発生しては街を襲い人々の暮らしを脅かす世界。怪獣の脅威は、その危険度に応じてフォルティチュードという単位であらわされ、怪獣が発生したら最後、一般の人々は避難をするしか手立てはない。そんな中、怪獣を討伐するため結成されたのが日本防衛隊だ。幼い頃、自らの住む街が怪獣に襲われたカフカは、人々を怪獣から守ろうと日本防衛隊入りを目指すが、入隊試験に合格できず挫折。一方で、防衛隊入りを目指していたミナは、防衛隊員として華々しい活躍をみせている。カフカは討伐された怪獣の残骸処理をする会社に身を置き生計をたてながらも、どこか鬱屈した日々を過ごしていた。そんなある日、仕事中に怪獣と遭遇したのをきっかけに、謎の生物に寄生され自らが怪獣化してしまう。


『まりかセヴン』

『まりかセヴン』

出典:amazon

ごく普通の女子高生が、謎の宇宙人に憑依されたことから、「まりかセヴン」として怪獣退治に駆り出されることになるバトルギャグ漫画。主人公の三條まりかは、どこにでもいる平凡な女子高校生。ある日、彼女の暮らす街に突然巨大な怪獣が出現。クラスメイトたちが避難するのに逆らい、なぜかまりかは怪獣にむかって駆け出していた。頭の中に謎の声が響き、気づいた時にはまりかは、巨大なヒーロー・まりかセヴンに変身していた。

巨大怪獣といえば、なんといっても特撮を連想する人が多いだろう。本作はそんな特撮へのオマージュと、ネットスラングにあふれた作品だ。主人公・まりかの日常は、東ヤ-20a星雲殻からやってきた謎の宇宙人・セヴンに憑依されてしまったことによって一変。自分の意志とは関係なく、怪獣が現れれば「まりかセヴン」に変身し、地球を救うために怪獣と戦う日々を送ることになってしまったのだ。しかし、そもそも怪獣が現れたのも、セヴンが怪獣を封印した回収用デバイスを誤ってばらまいてしまったため。その尻拭いにまりかは、体長50mを優に超える怪獣たちとバトルをする羽目に陥ったのだ。とはいえ、中身はお気楽な女子高生。緊張感に欠けながらも、今日もまりかセヴンに変身するのだった。


『怪獣自衛隊』

『怪獣自衛隊』

出典:新潮社

突如として出現した怪獣と、人々を護るべく怪獣に立ち向かう自衛隊との攻防を描くサバイバル漫画。企画協力は白土晴一。令和X年、海底地すべりにより太平洋沿岸で大津波が発生。自然災害の裏で、人類がかつて見たこともないような巨大な怪獣が出現していた。この春、防衛大学校を卒業した防人(さきもり)このえは、自衛隊に配属される前に、春休みを利用してクルーズ船「富岳」の旅を楽しんでいた。だが海洋上で、謎の怪獣の襲撃を受けてしまう。未曾有の危機を前についに自衛隊に出動命令がくだる。

巨大な怪獣が現れたら、ヒーローが颯爽と現れて勝利をおさめ、人々を危機から救ってくれる。本作では、ドラマに出てくるヒーローのようにはいかない。ヒーロー不在のリアルな世界で、怪獣を迎え討つことになるのは自衛隊だ。クルーズ船の船上で巨大怪獣と遭遇したこのえは、自衛官として乗客たちを守るために行動することを決意。刻一刻と乗客たちの命が危険にさらされていくが、国の中枢では対応を巡って議論が紛糾。周辺各国の思惑が交錯し、自衛隊の出動命令がなかなか下されないのだ。自衛隊が救援にむかったとき、富岳はすでに巨大怪獣の手中にあった。圧倒的な強さを持ち、人間を狡猾に狙う怪獣を前に自衛官たちはそれぞれの正義のために立ち上がる。


関連ガイド

ランキング

今更聞けない「デレ」属性5選

今更聞けない「デレ」属性5選

  • 673 Pt.
  • 公開日時:2017.06.10 16:00
背の小さい男性アニメキャラクター10選

背の小さい男性アニメキャラクター10選

  • 452 Pt.
  • 公開日時:2018.03.15 12:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!