夢の未来技術「タイムトラベル」特集273 Pt.

タイムトラベル、タイムスリップ、最近はタイムリープという言い方も多いですが、時間を遡って過去に行ったり、時間を進めて未来に行ったりという時間旅行ものはSF作品の定番。古今東西小説や映画などあらゆるジャンルで作られてきました。過去に干渉した際の「タイムパラドックス」や、その際世界の運命が分岐したことによってできる「パラレルワールド」などの専門用語も、意外なくらい馴染みがあるのではないでしょうか。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『ドラえもん』

現代日本で最も馴染み深い「タイムトラベル」ものと言えば、『ドラえもん』だろう。主人公・野比のび太の玄孫セワシの願いによって、のび太の元に22世紀の未来からやってきた猫型ロボット・ドラえもんと彼のもつ秘密道具が巻き起こす騒動を描いた作品だ。ドラえもんが最初にのび太の元へ現れた時使った入り口は、のび太の勉強机の引き出し。以降この引き出しが過去・未来へ出入り口となっている。

『キャプテンKen』

手塚治虫作品の中には、『火の鳥』を始め、時間そのものをテーマにしたものが多い。『キャプテンKen』は地球の植民地となった未来の火星が舞台の物語。主人公・星野マモルは、マモルの従妹の少女水上ケンによく似た謎の少年・キャプテンKenに命を救われる。『少年サンデー』連載中、正体当てのクイズが行われ5000通以上の応募があったが、正解者は実に4名であったといういわくつき。ヒントは、この作品が「タイムトラベル」特集に組み込まれているということくらいだろうか。ぜひ実際読んで、一緒に考えてほしい。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』

タイムトラベルを扱った漫画作品というと、「過去」へ行くものが多いが、本作は「未来」へと飛ぶ。5歳児ヒットマン・ランボが持つアイテム「10年バズーカ」は、本来5分間だけ10年先の未来の自分と位置を入れ替えることができるアイテム。しかしある日その誤射によりリボーンが行方不明になってしまう。主人公・ツナもまたリボーンを探すうち、10年バズーカによって10年後の世界へ。過去と未来を巡る戦いに巻き込まれていく。

『JIN-仁-』

現代の技術をもって過去に行ったらどうなるだろうか。科学知識や歴史を知るアドバンテージはどれだけ有効に働くのだろうか。こういったある意味シミュレーション的な側面を持つ歴史IF系タイムトラベル作品の中でも、医療技術を持って幕末の江戸にタイムスリップのがこの作品。幕末へタイムスリップしてしまった脳外科医の主人公・南方仁は、自分の行為が歴史を変えてしまうのではないかと恐れつつも、目の前にいる患者たちを救うべく奔走する。

『信長のシェフ』

『信長のシェフ』もまた、現代の技術をもって過去に行く歴史IF系タイムトラベル作品だ。主人公・ケンが持っていったのは、高い水準の料理技術。京都の高級ホテルで副料理長をするほどの腕前を持ったフレンチのシェフ、ケンが戦国時代にタイムスリップしてしまい、織田信長と出会ってその才能を買われ活躍する。

『ジパング』

現代の技術を過去に持っていくという設定で、最も破壊力が高いのが本作だろう。海上自衛隊のイージス艦「みらい」とその乗組員が、太平洋戦争のミッドウェー海戦直前の海上へとタイムスリップ、歴史の流れを変える大きな策謀へと巻き込まれていく大スペクタクルストーリーだ。しかし本作において最も人を動かすのは、最新鋭の兵器よりも、未来の日本(現代)の社会情報に関する知識そのものであったかもしれない。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!