鎬 紅葉

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「しのぎ くれは」。鎬昂昇とは親族関係にある。

  • 鎬 紅葉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
鎬 紅葉
ふりがな
しのぎ くれは

総合スレッド

鎬 紅葉(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

高名な医師だが、悪辣な人体実験を繰り返してきた過去を持つ。医学を応用したトレーニングにより持久力・瞬発力・機動力・柔軟性を兼ね備える肉体を持つが、そのための知識は健康な人間に対して違法な人体実験を施したことで手に入れた。人体を破壊することに関して格闘家たちが第一人者を気取るのが気にくわないという理由で地下闘技場へと参戦、打診を思わせる「打震」など医術を格闘技にアレンジした技で戦う。

人間の数を「一基」と表現し、自分が人体実験の犠牲にした人々に対しても罪悪感を抱かないという強烈なエゴイズムの持ち主だったが、範馬刃牙との戦いで人の痛みを知るようになった。鎬昂昇の実の兄であり、彼が地下闘技場で戦うのを止めようとするなど、深い兄弟愛を持つ。

瀕死の愚地独歩を救うなど、医師としての腕は確か。

登場人物・キャラクター

鍛え上げた手足が刃物のような切れ味を発揮するばかりか、相手の神経を切断して視力や四肢の自由を奪う「紐切り」という技まで駆使する、危険な空手家。強さを渇望し、戦う相手を求めて地下闘技場のファイターになり...

関連キーワード

『グラップラー刃牙』に登場する施設。東京ドームの地下深くにあり、秘密を守れる一部の人間しか入れない。時には、格闘技界の現役選手が、通常ではあり得ない組み合わせで戦うドリームマッチの様相を呈することも。...

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...