【漫画で見る世の中の動向】~学校編~6 Pt.

いつの時代でも多くの漫画の舞台として描かれるのが学校です。ただし、一口に学校といってもその姿は作品に応じて様々。最も多いのはその時代における一般的な学校でしょうが、独自のシステムや現実離れしたスタイルで運営される学校も少なくありません。今回は、漫画ならではのとんでもない学校が描かれた作品をご紹介しましょう。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『コータローまかり通る!』

コミカルテイストの青春アクション。舞台となる鶴ヶ峰学園は、生徒数5万5千人、学内にモノレールが運行するという超巨大学園である。

『ビッグマグナム黒岩先生』

文部省から銃の携行を許可されたという教師が、校内暴力で荒れる各地の学校を物理的に鎮圧していく物語。様々な形で崩壊した教育現場の姿がコミカルに描かれる。

『炎の転校生』

親の都合で各地の高校を転校して巡る少年を主人公としたアクション・コメディ。生徒を洗脳する学校、勝負に勝てばあらゆる行為が認められる学校、校舎そのものが移動する学校などが登場する。

『有閑倶楽部』

名家・良家の子女ばかりが通う小中高一貫の超名門校の生徒会メンバーを主役とする作品。学園生活そのものの描写は少なめだが、生徒のほぼ全員がセレブなお金持ちとなっている。

『探偵学園Q』

学生を主人公とする探偵もの。主人公たちが通うのは、伝説の名探偵が設立した探偵養成専門校で、警察関係者も通う半公的な捜査機関となっている。原作・天樹征丸。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!