漫画で学ぶギリシャ神話。ハマりすぎに注意!1,173 Pt.

全能神ゼウスにその妃である女神ヘラ、太陽神アポロン、月の女神アルテミス、海神ポセイドン、死の神ハーデース、美の女神アフロディテ、勝利の女神アテネー……。ざっと有名どころをあげただけでも、元の神話をきちんと読んだことはない方もなんとなく聞き覚えのある響きの名前がいくつかあったのではないでしょうか。ギリシア神話の特徴はその象徴性と共に、神々がごく人間らしい性格をしていること。そのため漫画作品ではモチーフとしてだけではなく、神々本人たちがキャラクターとして登場することも。そんなギリシア神話を題材にした漫画作品をピックアップしてみました。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『聖闘士星矢』

神話の時代より女神アテナに仕えた闘士・聖闘士(セイント)の一人になった少年・星矢が、アテナの生まれ変わりである令嬢・沙織を守るため、仲間たちと共に内外の敵と戦う。アテナとその守護者・聖闘士の他、ポセイドンとその兵・海闘士(マリーナ)、ハーデスとその兵・冥闘士(スペクター)が登場する。

『アリーズ』

神話の時代、女神・ベルセフォネーは冥府の王・ハデスに嫁ぐはずだったが、ゼウスの横恋慕による騒動がきっかけで死亡する。そしてベルセフォネーとハデスは現代の日本に転生し高校のクラスメイトになっていた。他の神々も現代に転生しており、ベルセフォネーが持つ秘密を狙って次々と二人の前に現れる。

『アリオン』

ギリシャ神話をベースに独自の設定を多く盛り込んだファンタジー漫画。ハデスにより刺客として育てられた少年・アリオスは、ゼウス暗殺に失敗し逃亡生活を送る。その過程でゼウスの子達や、少女レスフィーナ、獅子の仮面の男などと出会い、成長してゆく。

『オリンポスのポロン』

ギリシャ神話の世界を舞台に、アポロンの娘・ポロンが様々な騒動を起こすギャグ漫画。アポロンやゼウス、愛の神エロースなどが主なレギュラー。

『オリンポス』

トロイアの王子・ガニュメデスは、アポロンに攫われゼウスの箱庭に閉じ込められた。脱出方法を探すガニュメデスと、そんな彼を見張りながらからかうアポロン、そしてアポロンに関わる様々な神たちの思惑が描かれる。

『ピグマリオ』

国王の父と精霊の母との間に生まれた少年・クルトが、母親や村人達を石に変えた妖魔・メデューサを倒すため旅をするヒロイックファンタジー。オリジナルの世界設定だが、随所にギリシャ神話を由来とする固有名詞が登場する。

『エリア51』

本作の「エリア51」とは、世界中の神や怪物を集めて隔離した、アメリカ51番目の州という意味。主人公の真鯉徳子(マッコイ)は人間でありながらこの地で探偵業を営んでいる。登場する神は、ギリシャ以外にも、メソポタミア、エジプト、日本、インドなど世界各地から採られ、その多くは現代の人間風の格好をしている。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!