『南を甲子園に連れて行って』熱い高校野球漫画特集!51 Pt.

高校野球、そしてその集大成でもある甲子園はある意味、日本の野球文化の頂点かもしれません。そして高校野球漫画も野球漫画の中でも最多かもしれません。そんな高校野球漫画の数々をここで紹介しましょう。

『タッチ』

上杉兄弟と浅倉南の三角関係、弟・和也の突然の死。そこから始まる達也の高校野球ロード。恋愛漫画としてだけでなく、高校野球ならではの学生たちの空気感も巧みに描いている名作。

『ダイヤのA』

野球の名門・青道高校の一員となった沢村栄純が仲間たちとともに地区予選・都大会を戦い、甲子園を目指す。かつて高校球児だった作者ならではのリアルな高校野球描写が人気を博している。

『ドカベン』

山田、岩鬼、里中、殿馬、土井垣、山岡、石毛、北、微笑、徳川監督……今もなおシリーズは続いているが、ドカベンといったらやはり高校野球に励んでいた時代がナンバーワンだろう。

『おおきく振りかぶって』

自分に自信のない三橋廉と冷静だが短気な阿部隆也のバッテリー、そして西浦高校ナインたちが甲子園目指して奮闘する。一球ごとの心理的なやりとりを、丁寧に描いているのが大きな特徴である。

『ROOKIES』

かつて暴力事件を起こした教師と、試合中の暴力事件で活動停止中の野球部が甲子園に出るという夢に向かって突き進む高校野球漫画。登場人物の名前の多くが阪神タイガースに由来している。

『県立海空高校野球部員山下たろーくん』

どんくさくて緊張しやすく、一つのことしかできない少年が努力と集中力によって大きく成長していく物語。山下たろーの愚直さと、水を吸ったスポンジのような成長の早さは今見ても驚異的だ。

『MAJOR』

プロ野球選手の父を持つ本田吾郎がリトルリーグや高校野球を経て、やがてメジャーリーグで活躍するまでを描く。吾郎の高校時代は、彼が所属する聖秀学院より、ライバルである海堂学園高校の強さが印象的だった。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!