高木 秋人

バクマン。(漫画)の主人公。読みは「たかぎ あきと」。別称、シュージン。新妻エイジとはライバル関係。

  • 高木 秋人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バクマン。(漫画)
正式名称
高木 秋人
ふりがな
たかぎ あきと
別称
シュージン

総合スレッド

高木 秋人(バクマン。)の総合スレッド
2016.01.26 13:00

概要

『バクマン。』の主人公。初登場時は中学3年生の14歳。学校トップの成績を誇る秀才で、眼鏡とヘッドフォンがトレードマーク。漫画家に憧れているが画力が乏しいため、絵が上手い真城最高を誘ってコンビを組む。漫画家コンビ亜城木夢叶の原作担当。王道のバトルものよりもSFジャンルなどを得意とし、シリアスで緻密なストーリー設定の物語が編集部やライバルの新妻エイジから高く評価されている。

真城最高亜豆美保を結ぶために接触した見吉香耶と付き合うことになる。

登場人物・キャラクター

『バクマン。』の登場人物。初登場時は高校1年生。少年ジャンプ編集部では、10年に一人の逸材と評されるほどの新人天才漫画家。少年漫画において王道のバトルものを得意とし、『CROW』を大ヒットさせて一躍少...
『バクマン。』の主人公。初登場時は中学3年生の14歳。高い画力を持つ。高木秋人との漫画家コンビ亜城木夢叶では作画を担当。想いを寄せる亜豆美保と交わした、描いた漫画がアニメ化されたら結婚するという約束を...

関連キーワード

『バクマン。』に登場する作家名。真城最高と高木秋人によるコンビのペンネーム。真城最高の漫画がアニメ化されてヒロインを亜豆美保が演じたら二人は結婚するという夢が叶うように、という願いを込めて付けられた。...

登場作品

世界観連載開始時と同じ2008年の現実の日本が舞台となっている。連載が進むにつれて物語内の時間が現実を追い越し、最終回では2018年が舞台となっている。主人公2人が漫画を持ち込みに行く先は本作が連載さ...