魚介の宝庫!三重県を舞台にした漫画特集やに!57 Pt.

全国都道府県を舞台とする漫画を紹介するシリーズ、今回は三重県をご紹介します。三重県といえば伊勢湾の自然と鈴鹿サーキットが有名。特にバイクレース漫画は鈴鹿を舞台としたものが多いです。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『世界の孫』

見る者のほとんどを、老人が孫を見るような気持ちにさせてしまう「孫顔」の持ち主である甘栗甘水がヒロインの学園漫画。ちなみに舞台は熊野市鰊町だが、今の熊野市には鰊町という地名はない。

『半分の月がのぼる空』

三重県伊勢市を舞台に、不治の病に侵された少女と、同じ病院に入院した少年の交流を描く。所々、地名は変えられているが、作中の伊勢市の描写は比較的忠実で、現地を訪れるファンも多い。

『バリバリ伝説』

最初はただのバイク好きな高校生だった巨摩郡が、やがて鈴鹿4時間耐久レースと出会い、そしてプロのレーサーとして成長する物語。1980年代を代表するバイク漫画の一つで、この作品で鈴鹿を知った人も多い。

『ふたり鷹』

沢渡鷹と東条鷹、同じ日に同じ病院で生まれた二人のレーサーの成長を描くバイク漫画。関東大学自動車部二輪部時代、ともに鈴鹿4時間ならびに8時間耐久レースに参戦している。

『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!』

かつては柔道の名門、今は進学校だが柔道はさっぱりな伊手高校の柔道部を舞台とした青春ギャグ漫画。舞台の伊手高校は、作者の出身校である三重県立伊勢高等学校がモデルとなっている。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!