みんな大好き妖怪漫画集まれ~!(^^)!68 Pt.

妖怪を題材にした漫画作品は、それこそ山ほどあります。妖怪が主人公のもの、妖怪と戦うもの、妖怪と暮らすものなど、その物語の形もさまざま。いずれにしても日本の漫画作品は、妖怪というものに大きな親しみを抱いているようです。妖怪というのはそもそも、人々の噂話などからその存在が伝わった、日常と非日常の合間にいる存在。西洋の怪物のような、明確に人に災いをなすものだけでなく、バケモノというほどでもなく、なぜいるのかよくわからないちょっと愛嬌のあるクリーチャーが多いのも、妖怪が日本で親しまれている理由でしょうか。

『ゲゲゲの鬼太郎』

日本中に妖怪ブームを巻き起こし、妖怪のイメージを定着させた妖怪漫画の金字塔。妖怪族の少年・鬼太郎が悪さをする妖怪たちを懲らしめるちょっとユーモラスな冒険譚。

『結界師』

「妖(あやかし)」退治をする「結界師」一族の後継者・墨村良守の活躍を描いた妖怪バトルもの。結界術によって学校に妖をおびき寄せて戦う。

『地獄先生ぬ~べ~』

左手に鬼の力を封じた「鬼の手」を持つ小学校教師・鵺野鳴介が、児童たちを守るため、妖怪や悪霊たちと戦う。

『ぬらりひょんの孫』

妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を引く主人公・奴良リクオの日常と戦いを描いた作品。幼い頃から妖怪に親しんできたリクオだが、クオーターであるため妖怪に変身できるのは一日の四分の一だけというハンデを持って戦う。

『夏目友人帳』

生まれつき妖怪が見える体質の少年・夏目貴志が、祖母が残した妖怪たちから奪った名前を記した「友人帳」を巡り、様々な妖怪や人間たちに出会う物語。

『うしおととら』

「獣の槍」によって封印されていた大妖怪「とら」を解き放ってしまったことから、槍の持ち主となった少年・蒼月潮の戦いを描いた妖怪バトルもの。

『犬夜叉』

戦国時代にタイムスリップしてしまった神社の娘・日暮かごめが、半妖の犬夜叉と出会い、あらゆる願いを叶えるという宝玉・四魂の玉を巡る戦いに巻き込まれていく様を描いたタイムスリップ・妖怪アクション。

『鎌倉ものがたり』

鎌倉で起こる怪事件の数々を、推理小説家の主人公・一色正和が解決していくふしぎな物語。怪事件の中には妖怪が関わっているものも。

『百鬼夜行抄』

妖魔を見る力を持つ主人公・飯嶋律が、常人には見えないあやかしの世界とかかわり、時に事件を解決していく様を幻想的に描いた作品。

『妖怪ウォッチ』

意に反して起きてしまう困った出来事=妖怪のしわざとするならば、現代的な悩みには現代の妖怪がいるはず。妖怪を見ることができる不思議な時計「妖怪ウォッチ」を手に入れた少年・ケータの日常を描く妖怪ギャグ漫画。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!