イケメン俳優がヒーローに抜擢!実写映画化された少女マンガ10選45 Pt.

イケメン俳優があのイケメンキャラクターを熱演!出演!実写映画化された少女マンガ10選!

イケメン俳優がヒーローに抜擢!実写映画化された少女マンガ10選

出典:Amazon.co.jp

概要

少女マンガの醍醐味はこんな男子と恋がしたいと思わせてくれるイケメンキャラ!そんなイケメンキャラクターをイケメン俳優が演じたマンガ作品を10個ご紹介!

『アオハライド』

誰もが憧れる王道青春ラブストーリー!ちなみにタイトル『アオハライド』には「青春に一生懸命乗っていく」という意味がある。「吉岡双葉」は中学生の時、転校してしまった「田中洸」を忘れられないまま高校に進学。そんなある日、同じ学校で名字が変わり「馬渕洸」となった彼と再会。両想いだったことが分かるもそれは過去の話と一喝。しかしそれでも「双葉」の心が穏やかになることはなかった。中学生の頃に抱いていた恋心が消えないピュアで真っ直ぐな気持ちを持った「双葉」と心の闇を抱えるようになった「洸」の恋愛模様がメインの作品となっている。この作品はキャラ設定に現実味があり共感しやすい。「双葉」は可愛いキャラだが、少し声を掛けられる程度で毎日誰かからアプローチされるなど極端なモテ方はしない。一方「洸」はモテキャラかなのか、イケメンキャラなのかも分からない至って普通の男子高校生である。現実にいそうなキャラということで、感情移入しやすく読者も読みやすい作品となっている。実写版では「馬渕洸」を「東出昌大」が演じた。

『ピーチガール』

派手な見た目だがピュアな心を持つ女の子と、可愛い見た目だが内面は小悪魔の女の子が壮絶なバトルを繰り広げるラブストーリー!主人公「安達もも」はガングロでコギャルの見た目だが、中身は超一途。友達の「とーじ」こと「東寺ヶ森一矢」に想いを寄せるも、人の好きな人を奪う「柏木紗絵」に奪われないように咄嗟にモテ男の「岡安浬」が好きだと「紗絵」に発言したことから、「岡安」と話しをする間柄になっていった。純粋な女の子である「もも」にあこがれているのか嫉妬しているのか、執拗以上にちょっかいをかけてくる「紗絵」の行動は限度を知らず、3人の関係を惑わしていく。まさに小悪魔を越え悪魔界のトップといえるキャラクターだ。「紗絵」の邪魔に惑わされながらも本当に好きな人を信頼していく3人の恋模様はどうなっていくのか必見である。実写版では「東寺ヶ森一矢」を「新田真剣佑」、「岡安浬」を「伊野尾慧」が演じた。

『兄に愛されすぎて困ってます』

血のつながらない妹と兄の禁断の恋愛を描いたラブストーリー。主人公「橘せとか」とその兄「橘はるか」は昔から仲良しの兄弟で、至って普通の暮らしをしていた。しかし、「はるか」は「せとか」に対し恋心を持っていながらも、兄妹という関係のためその気持ちを抑えつけていた。しかしひょんなことから「せとか」とは血が繋がっていないことが判明。それから「はるか」の「せとか」に対する行動は変わるようになっていった。ただの兄としか思っていなかったイケメン男子から突然の告白。突然のキス。兄の本気の気持ちを知った「せとか」も徐々に「はるか」に想いを寄せるようになっていく。女の子には困らないほどのイケメン男子なのに、相手が妹のため簡単なはずの恋愛が全く簡単ではなくなってしまった。そんなちょっとヤンデレの「はるか」の妹を愛する姿がかっこよすぎてキュンキュンがとまらない!実写版では「橘はるか」を「片寄涼太」が演じた。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

恋愛の中に音楽を取り込んだ純愛ラブストーリー。「小笠原秋」は有名バンド「クリュードプレイ」の元メンバーで、現在は彼らに歌を提供しているもゴースト状態。音楽が好きで入った音楽業界だったが、夢を打ち砕かされてばかりでそんな自分にも嫌気がさしていた。そんなある日、音楽の才能を秘めた女子高校生の「小枝理子」と出会い交際していくことで、今まで閉じこもっていた殻から抜け出すようになっていく。少女マンガの主人公といえば大抵が女の子。しかし本作はこの2人が主人公なのである。本来ラブストーリーとは男女の恋愛を描いたものなのだから、2人の主人公が必要なはず。この作品は女の子が主人公という固定概念を覆してくた作品である。また、2人が音楽業界という厳しく、汚い世界の中で生き抜いていく様を鮮明に描いている。ただの恋愛マンガとは違い、人はどこでどのように生きていくのかを音楽業界を舞台にして教えてくれる人生観も描かれた作品である。実写版では「小笠原秋」を「佐藤健」が演じた。

『ヒロイン失格』

誰もが夢見る女の子、少女マンガのヒロインになることを夢見る「松崎はとり」。ヒロインになるには大好きな男の子「寺坂利太」と付き合わなくちゃいけない。「利太」はその整った顔立ちから女子からの人気が高く、今まで色んな女の子と付き合ってくるも本気で付き合うことはなかった。「はとり」は他の子は所詮自分を引き立たすための脇役であり、最後に「利太」が選ぶのは絶対に自分という全く根拠のない自信を持っていた。そんな中、地味な女の子「安達未帆」と「利太」が本気の付き合いを始めたことで、「はとり」のヒロインになる夢が、「安達」に奪われてしまう。ヒロインの座を奪い変えそうにも簡単にはいかず、挫折しそうになった「はとり」はイケメン「弘光廣祐」の真剣なアプローチに心が揺らいでいく。果たして自分が選ぶべきなのは、「私を好きな人か。私が好きな人か。」をキャッチコピーにした作品である。実写版では「寺坂利太」を「山崎賢人」、「弘光廣祐」を「坂口健太郎」が演じた。

『きょうのキラ君』

人と関わることが苦手で、唯一の友達は話せるインコの「先生」だけ。いつもインコを肩に乗せていることから「鳥女」と気味悪がられている女の子「ニノ」こと「岡村ニノン」と、容姿端麗で学校一のイケメン。しかしある秘密を持つ「キラ」こと「吉良ゆいじ」の恋愛模様を描いた作品。家が隣同士だが話したこともなかった2人だが、「キラ」の秘密を知った「ニノ」は彼と友達になるように。一緒にいるうちに「キラ」に対して恋心を持つようになるが、それは辛い現実とより深く関わっていくということになるのだった。一方、自分の秘密と向き合わないかのように振舞っていた「キラ」も、「ニノ」の真っ直ぐな優しさに心を持っていかれるようになる。いつもは強がっている「キラ」だが「ニノ」の言葉に心打たれ、言葉だけでは伝えきれないその感情は一緒に涙も流させることも。その泣き顔が凛々しい「キラ」の顔を子供のような顔にし、お読者も「キラ」を守ってあげたいと思わせるのだ。実写版では「吉良ゆいじ」を「中川大志」が演じた。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』

作者「『青木琴美」の『僕は妹に恋をする』のスピンオフ作品。幼いころから心臓病を患っている「垣野内逞」と、「逞」の主治医の娘である「種田繭」は20歳になったら結婚をしようと誓い合った仲。しかし、物心がつき自分が20歳まで生きられないと知った「逞」は「繭」を幸せにできないと思い、逃げるように転校してった。しかしそれを察した「繭」は「逞」を追って同じ学校に転入した。それもすべては「逞」の病気は必ず治ると信じているからである。自分の好きな人が病気になったらどうするのだろうか。「繭」みたいなことはできるのだろうか。愛する人が病気という重たいハンデを抱える中、自分はその人に何ができるのかを考えさせられた作品だ。実写版では「垣野内逞」を「岡田将生」が演じた。

『オオカミ少女と黒王子』

ドS王子と嘘つき女子のキュンキュンラブストーリー!恋愛経験0の「篠原エリカ」は、同じグループの恋愛経験豊富女子に嫌われないように、街で見かけた超絶イケメン「佐田恭也」に恋人のふりをしてほしいと懇願する。「佐田」は王子様のような笑顔で快く引き受けてくれるも、その本性はその笑顔とは全く反対の超ドS男子だった。犬として扱われるようになる「エリカ」だったが、彼のたまに出す優しさに徐々に惹かれていくようになる。ドS男子大好き女子にはたまらない作品で、彼の虜になった読者も多いのではないだろうか。少女マンガならではの要素が満載で、ドSストーリーとしてトップレベルに匹敵するほどの作品だ。これを見ればきっとドS男子の魅力に気づくはず。実写版では「佐田恭也」を「山崎賢人」が演じた。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』

出典:Amazon.co.jp

学校の元祖王子さま「白王子」こと「白河タクミ」と、「黒悪魔」から昇格し大人気になった「黒王子」こと「黒崎晴人」。このような2人の王子様が現れれば誰だってあなたはどっち派?と選びたくなるだろう。それも少女マンガの楽しみ方の一つである。そしてお約束なのは、2人が1人の女の子を取り合う展開。これがなければ少女マンガとは言えないだろう。その女の子として君臨するのが「赤羽由宇」である。中学時代が地味でさえなかった女の子が高校デビューを果たすも、あることがきっかけで「黒崎」に絶対服従をする羽目に。当初は「白河」に好意を寄せていたが、時折見せる「黒崎」の優しさに惹かれていくようになる。これも少女マンガの醍醐味で、結局ヒロインはドS男子の優しい行為に弱い。これは多くの読者もそうだろう。少女マンガは常に読者の立場に立ってストーリーが進行していくと感じさせられた作品だった。実写版では「黒崎晴人」を「中島健人」、「白河タクミ」を「千葉雄大」が演じた。

『恋空』

出典:Amazon.co.jp

ケータイ小説からマンガ化、実写映画化、ドラマ化と大ヒットした純愛ラブストーリー作品。清純系女子高校生と不良男子の恋愛ストーリーで実話を元にしたフィクションである。あることがきっかけで学校でも有名な不良生徒「ヒロ」こと「桜井弘樹」と交際するようになった「田原美嘉」。彼との交際は幸せそのものだったが、同時に辛い日々の始まりでもあった。元カノからの嫌がらせ、流産、男たちからの暴行。そんな辛い中でも「ヒロ」が支えてくれたから乗り越えられた。だが、「ヒロ」はいきなりおかしくなり「美嘉」にも別れを告げてきた。しかしそれには「ヒロ」にとって「美嘉」と別れなくてはいけないと思わせる出来事があったからなのである。きっとこの作品は誰もが知っている作品で、この作品で涙を流した人も数知れないであろう。純愛ものという作品が多い中、この作品は元祖純愛ラブストーリーといえる作品ではないだろうか。実写版では「桜井弘樹」を「三浦春馬」が演じた。

関連ガイド

ランキング

国民的野球マンガ『MAJOR』の名言10選!!

国民的野球マンガ『MAJOR』の名言10選!!

  • 236 Pt.
  • 公開日時:2018.04.13 12:00
『黒子のバスケ』の主要高校紹介!!

『黒子のバスケ』の主要高校紹介!!

  • 147 Pt.
  • 公開日時:2017.11.12 12:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!