呂 不韋

キングダム(漫画)の登場人物。読みは「りょ ふい」。

  • 呂 不韋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
キングダム(漫画)
正式名称
呂 不韋
ふりがな
りょ ふい

総合スレッド

呂 不韋(キングダム)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

元は商人で一番を目指していたが、で前王の荘襄王に出会う。当時、荘襄王は子楚(しそ)と名乗っていた。呂不韋は子楚を秦王にするために全財産を投資し、さらに自分の許嫁だった太后を后とし譲る。秦王になった荘襄王から功績を認められ右丞相(うじょうしょう)となった。昌平君からは秦の歴史の二大丞相(じょうしょう)、商鞅・范雎に比肩するとまで言われている。

竭氏成蟜のクーデターに協力して失墜した後は、秦の最大勢力となり、太后と密通し後宮勢力を味方に付け、ついに大臣の最高職の相国(しょうこく)の座にまで上り詰めた。嫪毐の反乱を利用し秦の新王になろうと画策している。加冠の儀の後に嬴政と会談した際には、互いに相容れない考えであることを確認することとなる。

関連キーワード

中華西方の弱小国家だったが紀元前221年、始皇帝・嬴政が戦国の世を制し史上初めて中国を統一した。強大な秦の基盤を築いたのは始皇帝・嬴政が生まれる100年近く前の商鞅(しょうおう)であった。商鞅は秦を中...

登場作品

世界観『キングダム』は戦国時代後期(紀元前245年以降)、後の始皇帝・嬴政が少年だった頃の中国を舞台に始まる。その頃、「戦国の七雄」と呼ばれる秦、楚、斉、燕、趙、魏、韓が覇を競い合い、戦いを繰り広げて...