李 牧

キングダム(漫画)の登場人物。読みは「り ぼく」。王 騎とはライバル関係。

  • 李 牧
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
キングダム(漫画)
正式名称
李 牧
ふりがな
り ぼく

総合スレッド

李 牧(キングダム)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

の宰相での新たな趙の三大天のひとり。知略だけではなく武人としての経験値も高い。無駄戦いを嫌い、戦闘による犠牲者を最小限にする信念を持っている。これは若い頃、両親や兄弟を亡くし、激怒して敵将を打ちとったものの仲間を全て失った経験による。自分は小心者なので策に頼っていると嘯く、底の知れない大器である。情報操作を得意とし、匈奴軍20万を撃破したことをや味方の趙にも隠し、秦軍の逃げ場を奪い勝利したこともある。

また、敵の考えの先を読む策で王騎を土俵際まで追い詰め、中華で最も注目される存在となる。趙の宰相として趙の内政・外交・軍事の主要な案件に関わったため、秦の中華統一の野望にいち早く気づいた。その野望を潰えさせるため、各国と提携し合従軍を編成する。

中華全土を巻き込む戦乱を呼び、秦を滅亡寸前まで追い詰めた。

登場人物・キャラクター

秦の六大将軍のひとり。昭王の時代にありとあらゆる戦場にどこからともなく現れ、猛威を振るったことから「秦の怪鳥」と呼ばれる。人を食ったような態度と冗談ぽい会話が多く、本心や真意を読み取りにくい複雑な性格...

関連キーワード

紀元前403年~紀元前228年まで存在。中華・戦国の七雄のひとつで首府は邯鄲。位置は中華の中央北部で、犬猿の仲の西の秦・東の燕に挟まれている。かつて軍の要だった趙の三大天がいなくなり弱体化した趙だった...
『キングダム』の登場する用語。秦の六代将軍に対抗して戦った趙の三人の大将軍を指す。かつては廉頗、藺相如、趙奢の三名で構成されていた。唯一の生き残り廉頗の出奔以降、適任者が不在となり、趙の威勢は一気に衰...

登場作品

世界観『キングダム』は戦国時代後期(紀元前245年以降)、後の始皇帝・嬴政が少年だった頃の中国を舞台に始まる。その頃、「戦国の七雄」と呼ばれる秦、楚、斉、燕、趙、魏、韓が覇を競い合い、戦いを繰り広げて...