趙

キングダム(漫画)、紀元前403年~紀元前228年まで存在。

登場作品
キングダム(漫画)
正式名称
ふりがな
ちょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

中華・戦国の七雄のひとつで首府は邯鄲。位置は中華の中央北部で、犬猿の仲の西の・東のに挟まれている。かつて軍の要だった趙の三大天がいなくなり弱体化しただったが、新たに趙の三大天に任命された李牧が、宰相としても国の中枢を担い勢いを取り戻した。伝統を誇る騎馬隊が精強。これは武霊王が紀元前307年、胡服騎射を取り入れたためである。胡服は北方遊牧民族のズボンに似た服のことで、当時の中国人の裾の長い服とは動きやすさに格段の差があった。戦車や馬に乗るには胡服が最適で、武霊王は北方遊牧民族騎馬兵の強さの理由は胡服にあると見抜いていた。趙の騎馬兵の圧倒的な力により趙は勢力を拡大していく。

武霊王は紀元前298年に譲位して子の恵文王が即位したが、恵文王と公子章の争いで幽閉され餓死。秦の攻勢が強まる中、藺相如廉頗、趙奢等の勇猛な武将たちの力で趙は暫くの間持ちこたえる。しかし紀元前260年の長平の戦いで秦の将軍・白起に大敗。趙の兵士のうち戦死5万人、生き埋め40万人もの大虐殺を受けた。趙は滅亡寸前まで追いつめられる。秦軍が首都・邯鄲に迫るが、戦国四君のひとり、宰相・平原君がの信陵君、春申君と手を組み、やっとの思いで秦軍を撃退した。幽穆王の時代には匈奴を破り国境線を死守した李牧が、秦軍の撃退に成功する。しかし、李牧が幽穆王に殺害されると紀元前228年、秦の王翦羌瘣の軍の侵攻により邯鄲が陥落し、趙は滅亡する。

関連キーワード

合従軍

『キングダム』の登場する用語。強大な秦を倒すため、趙の宰相李牧の呼びかけで、趙、楚、魏、韓、燕の五カ国が連合した軍。楚の春申君を総大将として函谷関を攻めた。

登場作品

キングダム

中国の戦国時代後期を舞台に、身分の低い戦災孤児ながら「天下の大将軍」を目指す少年・信と後の始皇帝、秦の若き王・嬴政が自らの運命を切り開いていく様を描く歴史漫画。サクセスストーリーであり、戦乱の歴史に翻... 関連ページ:キングダム

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
登場作品
キングダム
logo