取締役島耕作

作品発表当時の経済状況を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で取締役となった島耕作が、中国の表と裏のビジネス界で悪戦苦闘する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』、『エピソード2 部長島耕作』に続くシリーズ3作目。

  • 取締役島耕作
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
取締役島耕作
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
レーベル
モーニングKC(講談社) / 講談社漫画文庫(講談社) / 講談社プラチナコミックス(講談社)

総合スレッド

取締役島耕作(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

上海初芝電産(取締役島耕作)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:38
初芝電器産業(取締役島耕作)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:38

新着関連スレッドもっとみる

概要

大手電器メーカー初芝電器産業に勤務する島耕作は部長から取締役へ昇進、上海地区担当役員となる。上海初芝電産の董事長(会長)として中国ビジネスを任されるが、急速に競争力を付けてきた中国メーカーを相手に苦戦、独特の商習慣を持つ中国ではこれまでの経験もなかなか通用しない。

しかし持ち前のバイタリティで中国の大手家電メーカー出発集団との事業提携を成功させ、中国ビジネスの障害となっている裏社会とも対決。そして、上海初芝電産の経常利益を200%以上にまで成長させたことが評価され常務取締役への昇進を果たす。

登場人物・キャラクター

主人公
キャラクター紹介『島耕作シリーズ』の主人公。1947年9月9日生まれ。1970年に大手電器メーカー初芝電器産業に入社した団塊世代のエリート。派閥争いに巻き込まれて左遷されることも多いがそれを糧に変える...
上海初芝電産に勤務する島耕作の秘書役。名門校復旦大学出身の才女。身長170cm以上。19世紀中頃に活躍し、太極拳楊派を確立した大武術家、楊露禅の子孫で、優秀な太極拳の使い手。父親が経営していた工場を柳...
出発集団のCEO(経営最高責任者)。精華大学で日本語を専攻、同志社大学にも4年間在籍する。同志社大学留学時代には出町の錦丸食堂でアルバイトをしていた経験を持つ。初芝電器産業の創始者吉原初太郎の著書で経...
上海初芝電産で働く島耕作の部下。総経理。上海勤務が長く、中国の社会事情に詳しいため島耕作から頼りにされる。剣道5段の腕前を持つ。栄楽のホステス笑蘭が愛人。
キャラクター紹介初芝電器産業のアジア地区販売担当役員。56歳。韓国ソウルに滞在中に島耕作の訪問を受ける。故中沢喜一に心酔し、一匹狼的な立場で、同じような考えを持つ島耕作を気に入っていた。次期社長として...
出発集団の董事で、社内の順位的にはナンバー10にも入らないが、実質的にはナンバー2か3と言われている。出発集団から孫鋭を追い出そうと画策、裏社会にも通じ上海を支配しようと企むが、島耕作や孫鋭に見抜かれ...
島耕作を追って上海に渡り、ワイン評論家ロバート・ベーカーと共にワインバービクセンを開店。しかしもう1人の共同経営者である柳燕生の策略にはまってしまい麻薬に溺れる。島耕作の協力で麻薬中毒から抜けだし、ロ...
投資会社上海青花集団のオーナーで、公安や役人を買収し、裏では中国人マフィアに護られながら、企業乗っ取りを行っている。欽明電子経営者の王淑蓮が愛人。島耕作の秘書役である楊春華が得た情報を元に、島耕作はタ...
上海初芝電産で島耕作の部下として働く。家電営業部拡販部長。他社からの好待遇でのヘッドハンティングを断ったことを聞いた島耕作は、営業部門の統括責任者に抜擢、給料を倍増させた。
マクレガーコンピュータ社を経て上海初芝電産に入社。北京大学、マサチューセッツ工科大学卒、28歳。孫鋭を尊敬する。
蘇州のレストランやホテルで働いている際に島耕作と知り合い、男女の仲となる。5年以上前の記憶がなく、島耕作に自分の過去を調べてもらう。湖芳蘭は仮の名で本名は周紅梅。売春組織馬馬虎虎の表向きの経営者周錦麗...
上海初芝電産で島耕作の部下として働く。家電営業部主管経理。仕事を優先するため婚約者のかおりから婚約を取り消されてしまうが、島耕作の計らいで帰国が決まり、初芝電器産業本社企画室で、中国アジア担当部署へ異...
ソラー電機の中国営業所所長。国分圭太郎の愛人笑蘭を利用して上海初芝電産をスパイする。剣道が強く、国体個人戦で優勝経験がある。
栄楽のママ。島耕作と同じマンションで暮らし、たびたび島耕作に言い寄るが相手にされていない。
キャラクター紹介初芝電器産業第6代社長。企画力があり、義理人情に厚く部下から慕われている。社長退任後も初芝電器産業に残ってトップ人事に幾度となく奔走、社長島耕作を誕生させるに至る。長年連れ添った愛人栗...
初芝電器産業第8代社長。中国の大手家電メーカー出発集団と京都で事業提携を結ぶ。万亀健太郎と相談し、島耕作を常務取締役への推薦を決める。
キャラクター紹介初芝電器産業第4代社長大泉裕介の愛人だったが、島耕作とも関係を持つ。しかし大泉裕介が倒れた後は献身して島耕作とは良き友人になる。大泉裕介死後、島耕作が赴任していた中国に渡り、北京でカウ...
福岡初芝販売センター営業課長。福岡初芝販売センターに赴任してきた島耕作に付き添い、秘書的な役割を果たす。自分から能動的に動くタイプではないが、非常に常識的で、そつなく何でもこなし、知識も豊富、島耕作も...
初芝電器産業の各部署を歴任、最後は福岡初芝販売センター副所長の閑職に追われた。エリートで人望も厚い島耕作を敵視していたが和解。定年退職の日、島耕作は会議をサボってオープンカーで迎えに来た。
高名なワイン評論家。元恋人の片桐久子とともに、柳燕生を共同経営者に迎えてワインバービクセンを上海に開くが柳燕生の罠にはまって麻薬中毒となり、ビクセンを乗っ取られる。謎の集団に銃で襲われ最後を迎えた。
昭和22年6月10日生まれ54歳。70年入社、奈良工場の工場長を務めているときに早期退職者制度で会社を退職。新人研修で島耕作と同じクラスになり、ディベイトで完敗したことをきっかけに島耕作を恨むようにな...
島耕作と高瀬怜子の娘。オフィスNAMIを設立し、アメリカで若手歌手ナンシー・アレンのマネジメントを行っている。既婚者であるフレデリック・トムソンとの間に息子島耕太郎をもうけている。
関東泉連合会二代目会長高市信雄の一人娘。16歳の時に彫った般若の刺青が背中にある。島耕作の部長時代の秘書。丸石電器社長の三郎丸庄一と福岡県柳川市の結婚式場で、島耕作と片桐久子を仲人として結婚。
初芝電器産業第4代社長、現相談役となっている大泉裕介の世話係として北鎌倉の屋敷に勤務。

集団・組織

『エピソード3 取締役島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。ハツシバアメリカ、フィリピン・ハツシバなどを傘下に持つグローバ...
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する企業。初芝電器産業の上海にある合弁会社。島耕作が董事長(会長)を務めている。
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する企業。中国で三本の指に入る大手家電メーカー。孫鋭がCEO(経営最高責任者)。品質とサービスにこだわる物作りが認められ国家優秀金賞を3度受賞。瀋陽、大連、北京に1...
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する組織。北京市人民政府の役人馬師坤と、日本の外務省と繋がりを持つ北京政経研究所代表の雨虎龍夫が、マフィアと組んで運営する大規模な売春組織。外国企業の要人を中心に、...
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する会社。柳燕生がオーナーの投資会社。製造会社、サービス会社、レストラン、電器店などさまざまな事業を運営している。
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する企業。水戸卓郎が経営する調査会社。中国ビジネスや裏社会にも詳しく、アドバイザーとして島耕作が頼りにする。

場所

『エピソード3 取締役島耕作』に登場する店。片桐久子が上海に開いたワインバー。60%をロバート・ベイカーと共同出資、40%を上海青花集団の柳燕生が出資して共同経営。しかし柳燕生の罠にはまって乗っ取られ...
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する店。馬島典子と銀座で親しかった夕子が北京に開いたカウンターバー。その後、夕子から馬島典子に経営が引き継がれる。夕子の時代はほとんどの客が日本人ビジネスマンだった...
『エピソード3 取締役島耕作』に登場する店。上海にあるクラブで日本人ビジネスマンの多くが集まる。ママは岸紅子。国分圭太郎の愛人、笑蘭はここのホステス。