専務島耕作

専務島耕作

作品発表当時の経済状況、政治状況を物語に織り込みながら、日本屈指の大企業で専務取締役となった島耕作が、アジアアメリカでグローバルなビジネスを展開する姿を描く。弘兼憲史の代表作『エピソード1 課長島耕作』から続くシリーズ第5作目。

概要

大手電器メーカー初芝電器産業に勤務する島耕作は常務取締役から専務取締役へ昇進、中国インドさらにアメリカを担当して、社長となった郡山利郎とともに業績が悪化している初芝電器産業の立て直しを計ることになる。2007年の所信表明で郡山利郎社長は事業部制撤廃、原子力発電事業への参入を表明、大規模なリストラも決行する。

そんな中、ライバルメーカーである五洋電機が、韓国の大手電器メーカーソムサン電子からM&Aを仕掛けられるという情報を掴んだ島耕作は、日本の技術が国外へ流出することを阻止するため、郡山利郎にホワイトナイトを提案。初芝電器産業五洋電機との統合を果たし、その功績を認められた島耕作は2社の持ち株会社初芝五洋ホールディングスの初代社長に抜擢された。

登場人物・キャラクター

主人公

キャラクター紹介『島耕作シリーズ』の主人公。1947年9月9日生まれ。1970年に大手電器メーカー初芝電器産業に入社した団塊世代のエリート。派閥争いに巻き込まれて左遷されることも多いがそれを糧に変える... 関連ページ:島 耕作

キャラクター紹介初芝電器産業のアジア地区販売担当役員。56歳。韓国ソウルに滞在中に島耕作の訪問を受ける。故中沢喜一に心酔し、一匹狼的な立場で、同じような考えを持つ島耕作を気に入っていた。次期社長として... 関連ページ:郡山 利郎

勝浦 大喜

大阪市大工学部卒。五洋電機に入社後、スタンフォード大学に留学して博士号を取得。帰国後、浜松のテレビ事業部で液晶テレビの開発に携わり「液晶は五洋」の地位を確立。弱冠48歳で社長に抜擢される。

キャラクター紹介 初芝電器産業の創始者吉原初太郎の隠し子でTECOTの大株主。1967年8月8日生まれ。島耕作が課長時代から男女関係があり、互いに束縛されるのを嫌っていたが、子宮癌の発症を機に島耕作に... 関連ページ:大町 久美子

キャラクター紹介初芝電器産業第6代社長。企画力があり、義理人情に厚く部下から慕われている。社長退任後も初芝電器産業に残ってトップ人事に幾度となく奔走、社長島耕作を誕生させるに至る。長年連れ添った愛人栗... 関連ページ:万亀 健太郎

勝木 清春

初芝電器産業第8代社長。癌を患い引退。郡山利郎に社長の座を譲り相談役となる。初芝五洋ホールディングスの初代社長として島耕作とすることを万亀健太郎と相談している最中に死去。しかし火葬場で成仏間際に、社長就任を渋っていた島耕作の前に現れて決断させる。

松橋 葉一

初芝電器産業専務取締役、技術フィールド担当。島耕作とともに郡山利郎による経営を補佐する。郡山利郎の辞任により初芝電器産業第10代社長に就任。

坂東 礼子

四谷嵐子が外務大臣に任命されて取締役の席が空いたため、社外取締役として初芝電器産業に迎えられる。コロンビア大学でMBAを取得。五菱総研の主任研究員で帝都大学教授も務め、テレビにもコメンテーターとして出演する。昭和31年生まれ50歳。 実は郡山利郎とは男女の仲だったが、ソムサン電子のスパイでもあった。

パメラ・フランクリン

ハツシバ・アメリカ社長である石川勉の秘書。島耕作がアメリカ赴任時代に知り合った白人女性で、その当時はラスベガスのカジノでディーラーとして働いていた。勝負感が非常に強いが、自分のことになると的確な判断ができない。3歳年下のジャズピアニストアンソニー・デュバールを恋人に持つが薬物中毒者。

四谷 嵐子

初芝電器産業取締役。鯉住総一郎総理大臣の要請で外務大臣として入閣する。島耕作を慕うが相手にされない。

ビパーシャー・ジンター

インドの映画女優。島耕作と約束した寿司屋での食事を叶えてもらうために来日。島耕作から初芝電器産業のCM出演を依頼され、島耕作との京都旅行を条件に承諾する。その際のデート写真を写真週刊誌にスクープされる。

日米でメジャーな歌手。島耕作がアメリカ赴任時代にアイリーン・モーリイとの間にできた子供だが、アイリーン・モーリイの希望により島耕作は自分が父親であることは明かしていない。島耕作の娘島奈美の事務所オフィ... 関連ページ:ナンシー・アレン

集団・組織

初芝電器産業

『エピソード5 専務島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。TOBによって五洋電機と経営統合、持ち株会社初芝五洋ホールディン... 関連ページ:初芝電器産業

初芝五洋ホールディングス

『エピソード5 専務島耕作』に登場する企業。ソムサン電子からM&Aを仕掛けられた五洋電機のホワイトナイトとなった初芝電器産業がTOBを成立させ、初芝電器産業五洋電機が統合したことで誕生した持ち株会社。初代社長は島耕作、会長は万亀健太郎。

五洋電機

『エピソード5 専務島耕作』に登場する企業。「液晶は五洋」の地位を確立した勝浦大喜が弱冠48歳で社長に就任。日本国内で液晶のシェアは50%を越え、6000億円の売り上げに達している。得意とする液晶と電... 関連ページ:五洋電機

ソムサン電子

『エピソード5 専務島耕作』に登場する企業。総合電機メーカーの時価総額で世界トップの韓国メーカー。液晶と電池に強い五洋電機にM&Aを仕掛けるが、初芝電器産業がホワイトナイトとなり失敗に終わる。

場所

鶴寿司

『エピソード5 専務島耕作』に登場する店。敦賀市にあり、島耕作が高速増殖炉もんじゅの視察に訪れた際、原子力研究機構敦賀本部長所喜太郎に案内された店。女将の春山香織は勝浦大喜と関係を持っているが、 島耕作を気に入り男女の仲となる。

SHARE
EC
Amazon
logo