「週刊少年ジャンプ」で連載されたギャグマンガ10選210 Pt.

「週刊少年ジャンプ」で連載された数多くのマンガ作品の中から、面白いギャグマンガを10作品紹介する。

「週刊少年ジャンプ」で連載されたギャグマンガ10選

出典:Amazon.co.jp

概要

「週刊少年ジャンプ」で連載された数多くのマンガ作品。その中で思わず笑ってしまうギャグマンガを紹介する。

『銀魂』

江戸時代末期、天人と呼ばれる宇宙人に襲撃された地球。地球人対天人の攘夷戦争が勃発するが、弱腰な幕府は天人の侵略をあっさり受け入れてしまうのである。その結果、天人の傀儡政権となり街は天人たちが我が物顔で歩くようになった。その上、侍にとって大切な刀を禁じた廃刀令が命じられてしまったのだ。そんなことが起きてから20年後、バイト先で助けてくれた侍の恰好をした「坂田銀時」のかっこよさに惚れた「志村新八」は「銀時」の元で働き出す。万事屋として働いていた「銀時」はかぶき町を舞台に「新八」や戦闘種族の夜兎「神楽」や巨大犬の「定春」と共に様々な仕事をこなしながら、個性的すぎる真選組や街の人々、かつての仲間たちと関わっていくのだ。普段はやる気なくだらしない「銀時」だが、いざという時は本気で立ち向かうその姿に頼りにしている人は多い。しっかり者の「新八」はツッコミ役も兼ねている剣士だし、大食いで紅一点の「神楽」の戦闘力の高さは戦いには欠かせない。日常のぐだぐだ感と事件に巻き込まれ本気出した時の彼らのギャップは相当なものだ。パロディ要素や下ネタも多く、笑いが絶えない作品となっている。

『Dr.スランプ』

発明家で万年スランプ「博士」の「則巻千兵衛」が制作した人間型ロボット「則巻アラレ」は天真爛漫な女の子だ。「アラレ」が住んでいるペンギン村で出会う人々とのハチャメチャな日常が描かれている。かなり強いパワーを持つ「アラレ」はぶつかった車は跳ね飛ばすし、ドラゴン倒すし、地球も割ってしまうしで常人では決して敵わない。そんなパワーを持つ「アラレ」は「博士」には手に負えないほど天然で、その天然さが元でいろいろな騒動を巻き起こすのだ。本人には全然悪気がないのだが、巻き込まれる人たちからしたら迷惑である。だが、それでも「アラレ」を憎めないのはその純粋さや仲間思いで優しい気持ちが真っすぐ届いてくるからだ。散々な目に合うこともある「博士」も「アラレ」を家族のように見守っている。「アラレ」たちが原始時代にタイムスリップした際に持ち帰ったカプセルから生まれた「ガッチャン」村の人たちも加わって笑いが絶えない毎日が垣間見られるのである。

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』

偶然セクシーコマンドーという格闘技を知った「花中島マサル」は、自分はセクシーコマンドーをやるために生まれてきた100年に一度の天才だと自負。山に3ヶ月修行に行き、帰ってくるとクラスには転校生の「藤山起目粒」がいた。「藤山」はクラスから変わり者だと引いた目で見られていた「マサル」とあまり関わりたくないと思っていたがひょんなことから仲良くなり、「マサル」は「藤山」に「フーミン」というあだ名をつけた。そして、廃部寸前だったわかめ高校空手部をセクシーコマンドー部に変えた「マサル」は「フーミン」と元空手部部長「近藤真茶彦」、いじめっ子を見返したい「磯辺強」、なぜか覆面をしている謎の生徒「田中スーザンふ美子」と共に活動を始める。セクシーコマンドーは相手に油断を与えてその隙に攻撃をする格闘技だ。隙を作るために発動する技がセクシーコマンドーであり、そのセクシーコマンドー中に攻撃することはNGである。個性的な部員と、これまた変わり者なマネージャー「北原ともえ」が織り成すシュールな日常が描かれている。

『斉木楠雄のΨ難』

超能力を持っている私立PK学園高等学校の2年生「斉木楠雄」。他人の心の声が聞こえたり、壁の向こうが透視出来たり、物を操ったりすることも出来るのだ。ごく普通の夫婦の間に生まれたのだが、生後14日で声を出さずに(脳内へ直接)言葉を発したり、1歳にして空中を歩き、2歳で念写が出来たのだ。両親も不思議に思ったが、超能力者なのだとあっさりと受け入れたのである。そんな「斉木」は自分の能力を良くは思っていない。スプーンやフォークは触っただけで簡単に曲がるので食事がしにくいし、人の声が聞こえるから知りたくもない腹黒い考えが丸わかり。使える超能力は数知れず。まわりには力を隠しているが普通の高校生としては生活出来ないのだ。なるべく穏便に生活したい「斉木」に寄ってくるクラスメイトたち。「斉木」が言葉を発することはほとんどなく、語り手として物語は進んでいく。個性的なクラスメイトに冷静で時に辛辣なツッコミを脳内でする「斉木」。人と距離を置きたいと思っていても、困っているクラスメイトを超能力で助けてあげる優しさがある。毎日がくだらないけど面白い、そんな「斉木」とクラスメイトや家族との日常が描かれている。

『SKET DANCE』

開盟学園高等学校で人助けを目的とした学園生活支援部、通称スケット団。生徒たちの悩みやトラブルの解決をするべく活動している。部員はリーダーで手先が器用な「ボッスン」こと「藤崎佑助」、ケンカが強く昔は鬼姫と怖がられていた「ヒメコ」こと「鬼塚一愛」、自作の音声合成ソフトで会話する「スイッチ」こと「笛吹和義」の3人だ。依頼はヘンテコなものがほとんどで便利屋のようなことばかりである。探し物から掃除、部活の助っ人、垂れ幕の文字を書いたり、恋の応援をしたり……。依頼がなければ部室でダラダラ、各自で好きなことをして過ごす。怪しい薬を作る化学教師で顧問の「中馬鉄治」、生徒会副会長で何かとスケット団と対立する「椿佐介」、マンガ家志望なのに絵が下手過ぎる「早乙女浪漫」、生徒会長の妹で絵に描いたようなツンデレの「安形紗綾」など個性的な人たちがスケット団の3人を取り巻く。困った人を見過ごせなく、友達を大事に思う「ボッスン」を中心にドタバタでみんなからの依頼に応えていくのだ。

『ボボボーボ・ボーボボ』

西暦300X年、マルハーゲ帝国に支配された地球が舞台。人類を丸坊主にすることを目的とした毛狩り隊から、この地球人類を守りたい金髪アフロヘアーとサングラスがトレードマークな「ボボボーボ・ボーボボ」。強大な帝国であるマルハーゲ帝国に逆らえる国はなく、毛を引き抜かれてしまう国民ばかり。7代目鼻毛真拳伝承者である「ボボボーボ・ボーボボ」は祖国・毛の王国を滅ぼした毛狩り隊と戦うため、毛と自由と平和のために立ち向かうのだ。「ボーボボ」と共に戦う9極戦士には、この仲間唯一のツッコミ役「ビュティ」、「ボーボボ」の相方的存在「首領パッチ」、オナラ真拳の使い手「ヘッポコ丸」、バビロン真拳の使い手「ソフトン」、「ボーボボ」の幼馴染「破天荒」、元毛狩り隊「ところ天の助」と「田楽マン」、マルハーゲ四天王「魚雷ガール」がいる。戦いのほとんどは不条理で奇想天外な言動芸やパロディであり、ギャグマンガではあるがオチはほとんどない。

『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』

江戸を舞台にダラダラ生きることが日常的な「磯部磯兵衛」は立派な武士になるために修行中である。武士学校に通い、日々精進!かと思いきや「磯兵衛」は全然真面目に学ぼうとしない。遅刻ばかりで、勉強は苦手、運動もイマイチなのだ。だらしない性格で立派な武士への道はまだまだ遠い。苦しい言い訳や屁理屈、自分に都合がいいように話すことはしょっちゅうである。やる気も続かないし実践はしない実践派。妄想が得意で、自分のモチベーションを上げるためには必須だ。煩悩や欲が大きい。「磯兵衛」の母親は「磯兵衛」のバカな発言を鵜呑みにする親バカで、息子が心配で部屋を監視している。だが、「磯兵衛」とは違い戦闘力はズバ抜けているのだ。基本的にボケもツッコミもない、癖のある人物たちばかりの日常。唯一、ツッコミが出来るのは「磯兵衛」が飼っている犬くらいだ。家で、学校で、江戸の町で、グダグダとした言動と江戸の豆知識を交えた「磯兵衛」とそのまわりの人々達とのシュールで面白い日常が描かれている。

『まじかる☆タルるートくん』

学業の成績が思わしくなく、いじめられっ子でスケベな小学生「江戸城本丸」。ある日、絵本作家の父親の部屋にあった大魔法百科の魔法陣で偶然、自称大魔法使いの「タルるート」を召喚した。一つだけ願いを叶えてくれると言う「タルるート」に「本丸」は友達になってほしいと頼む。そうして友達になった2人。「本丸」は陽気であまり物事を深く考えない「タルるート」の魔法でいろいろなイタズラをするようになるのだ。「タルるート」は善悪の判別がまだ出来ない幼子の為、頼られると魔法を出し惜しみなく使ってしまうのである。「本丸」のクラスに転校してきた「原子力」は成績優秀でお金持ち。しかも「本丸」が好意を寄せている「河合伊代菜」に同じく好意を寄せていることで最大のライバルとなった。「本丸」は「力」に様々な勝負を持ちかける。時には「タルるート」の魔法に頼ることもあるが、一生懸命練習して全力でぶつかっていくのである。努力することで自分の力になる喜びを知ったことで、人間としても成長していく。

『究極!!変態仮面』

私立紅優高校の拳法部のエース「色丞狂介」には秘密があった。それは頭に女性のパンティを被ると正義の味方「変態仮面」に変身するのである。正義感ある刑事だった父親とSM嬢だった母親の変態の血で覚醒するのだ。銀行強盗を捕まえようとした時にマスクと間違えてパンティを被ってしまったことで正義のヒーロー「変態仮面」として目覚める。それを機に、超人的なパワーと変態技で悪人を懲らしめていくようになる。変身する際は「フオオオオオオオオッ!!」と雄叫びを上げ、ブーメランパンツと網タイツ以外を脱ぎ捨てる。パンツの両脇を無理に伸ばし、交差させて肩に掛けると変身完了である。発揮するパワーの大きさはパンティの持ち主に左右されてしまう。相手を知らなくても力はある程度発揮されるが、相手がわかった瞬間に大幅パワーアップしたりダウンしたりするのだ。一番パワー発揮できるのは思いを寄せるクラスメイト「姫野愛子」と中国人転校生「四季春夏」である。

『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』

江戸を舞台にダラダラ生きることが日常的な「磯部磯兵衛」は立派な武士になるために修行中である。武士学校に通い、日々精進!かと思いきや「磯兵衛」は全然真面目に学ぼうとしない。遅刻ばかりで、勉強は苦手、運動もイマイチなのだ。だらしない性格で立派な武士への道はまだまだ遠い。苦しい言い訳や屁理屈、自分に都合がいいように話すことはしょっちゅうである。やる気も続かないし実践はしない実践派。妄想が得意で、自分のモチベーションを上げるためには必須だ。煩悩や欲が大きい。「磯兵衛」の母親は「磯兵衛」のバカな発言を鵜呑みにする親バカで、息子が心配で部屋を監視している。だが、「磯兵衛」とは違い戦闘力はズバ抜けているのだ。基本的にボケもツッコミもない、癖のある人物たちばかりの日常。唯一、ツッコミが出来るのは「磯兵衛」が飼っている犬くらいだ。家で、学校で、江戸の町で、グダグダとした言動と江戸の豆知識を交えた「磯兵衛」とそのまわりの人々達とのシュールで面白い日常が描かれている。

関連ガイド

ランキング

2019年11月9日 / 本日発売の単行本

2019年11月9日 / 本日発売の単行本

  • 652 Pt.
  • 公開日時:2019.11.09 06:00
2019年11月12日 / 本日発売の単行本

2019年11月12日 / 本日発売の単行本

  • 619 Pt.
  • 公開日時:2019.11.12 06:00
2019年11月8日 / 本日発売の単行本

2019年11月8日 / 本日発売の単行本

  • 580 Pt.
  • 公開日時:2019.11.08 06:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!