2018年にアニメ化を果たしたマンガ10選!675 Pt.

2018年にアニメ化を果たしたマンガの中から、オススメの10作品をご紹介!

2018年にアニメ化を果たしたマンガ10選!

出典:Amazon.co.jp

概要

この2018年ですでに放送されているアニメの中から、マンガを原作としているオススメの作品を10作ピックアップしてみた!

『ヲタクに恋は難しい』

隠れ腐女子のOL「桃瀬成海」は、転職先で幼なじみの「二藤宏嵩」と再会する。同僚の前で「宏嵩」にヲタクであることをバラされ、怒りを覚えつつも、再会を喜ぶ「成海」。ヲタクの自分をさらけ出せるため「宏嵩」としばしば呑みに行くようになり、次第に2人の距離は近づいていき……。ヲタク同士の不器用な彼女らにまじめな恋愛は難しく、ついついふざけてしまいながらも、先輩カップルに見守られつつ絆を深めていく2人の恋愛を描いたラブ・コメディ作品『ヲタクに恋は難しい』。イラスト投稿サイトpixivに掲載されたのちに書籍化に至った作品で、次にくるマンガ大賞2014の本にして欲しいWebマンガ第1位に輝いた実績を誇っている。各キャラの声を務める声優陣には、「杉田智和」や「沢城みゆき」など豪華な顔ぶれが並び、その映像化にも高い注目が集まっている一作だ。

『ゴールデンカムイ』

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士「杉元佐一」が、戦友であった「寅次」の妻「梅子」を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるアイヌ民族の少女「アシリパ」と協力して手掛かりを集めていく様子を描いたサバイバルマンガ『ゴールデンカムイ』。アクション要素に加えて、はじめは金塊だけが目当てであった「杉元」が、「アシリパ」と旅をするうちに、彼女の目的を達成することを見届けたいと考えるようになるなど、育ってきた文化や環境が違う二人が心を通わせていく姿も印象的なヒューマン物語でもある。また、アイヌ語研究者の「中川裕」がアイヌ語監修を務めているほか、アイヌの人々には穏やかに接しているアイヌ民族の文化や料理などが多く描かれており、グルメ漫画としての側面もあることが特徴だ。

『衛宮さんちの今日のごはん』

男子生徒の「西片」には1つの悩みがあった。それは毎日のように、クラスメイトの「高木」にからかわれてばかりいること。西片はからかわれないために、あの手この手で仕返しをしようと考える。しかし、その度に手玉に取られてしまう。今日も、高木のからかいに抵抗するため、西片は1人頭を悩ませるのだった。そんな「高木」という同級生の女の子から、男子高校生がただからかわれるだけ、といった日常を描く一風変わった青春ラブ・コメディ作品『からかい上手の高木さん』。進展しそうで進展しない2人のやり取りや、「西片」をからかうときの「高木」の絶妙な表情が見どころのひとつ。どことなくノスタルジックで、読んでいるだけで、ついつい頬が緩んでしまうような甘酸っぱい笑いを誘う。作者である「山本崇一朗」の別作品『ふだつきのキョーコちゃん』や『あしたは土曜日』と同じ設定となっており、登場人物のクロスオーバーも見られるところにも注目して見てほしい。

『からかい上手の高木さん』

男子生徒の「西片」には1つの悩みがあった。それは毎日のように、クラスメイトの「高木」にからかわれてばかりいること。西片はからかわれないために、あの手この手で仕返しをしようと考える。しかし、その度に手玉に取られてしまう。今日も、高木のからかいに抵抗するため、西片は1人頭を悩ませるのだった。そんな「高木」という同級生の女の子から、男子高校生がただからかわれるだけ、といった日常を描く一風変わった青春ラブ・コメディ作品『からかい上手の高木さん』。進展しそうで進展しない2人のやり取りや、「西片」をからかうときの「高木」の絶妙な表情が見どころのひとつ。どことなくノスタルジックで、読んでいるだけで、ついつい頬が緩んでしまうような甘酸っぱい笑いを誘う。作者である「山本崇一朗」の別作品『ふだつきのキョーコちゃん』や『あしたは土曜日』と同じ設定となっており、登場人物のクロスオーバーも見られるところにも注目して見てほしい。

『たくのみ。』

「天月みちる」は、岡山から転職のため上京し、女性専用のシェアハウス「シェアハウス春野」で、ウエディングプランナーを務める「緑川香枝」、アパレル系ショップ店員を務める「桐山直」、就職活動を控えた大学3年生の「桐山真」の4人と新生活を始めることとなった。仕事も年齢も違う4人だったが、共通点は酒が大好きなこと。自宅でお酒と料理を囲み、みんなで飲めば、どんな悩みもストレスも、万事解決してしまう。疲れて帰って来た日にもお酒があれば救われる、「みちる」はそんなのんびりほっこり宅呑みライフを満喫するのだった。年齢も職業も違う4人の女性の生活を中心に、酒に関する豆知識を描くほろ酔いコメディ『たくのみ。』。前述の通り、本作はコメディと、あとグルメの要素が強い作品ではあるが、田舎から初めて状況してきた女性の心のうちやその生活が垣間見える描写が度々あるので、社会人一年目の人など新生活を始める若い世代の人にもぜひ読んでほしいと思う。

『七つの大罪』

とある事情から反逆者として手配されている「メリオダス」が、国の荒廃した現状を嘆く王女・「エリザベス」と出会い、かつて共に戦った仲間たちを探しながら旅を続けていく冒険ファンタジー『七つの大罪』。「ブリタニア」で最大の国である「リオネス王国」は、聖騎士たちの起こしたクーデターによって荒れ果てた内情となっていた。そんな国を憂いた第三王女「エリザベス」は、10年前に当時の聖騎士長を殺害した罪によって手配されている伝説の騎士団「七つの大罪」の助力を求めて旅立つ。やがて追手に捕らえられてしまう「エリザベス」だったが、その危機を救った少年こそ「七つの大罪」の団長、「憤怒の罪(ドラゴン・シン)」の「メリオダス」だった。そして「メリオダス」もまた、散り散りとなってしまった団員たちを探して放浪の身であり、ふたりは旅路を共にすることになる。様々な技の押収に加え、登場人物一人ひとりが持つ過去への後悔も見どころの人気作品だ。

『グラゼニ』

プロ野球チーム「神宮スパイダース」に所属する主人公「凡田夏之介」は、プロ入り8年目にして年俸1800万円、地味な左投の中継ぎ投手。1軍にもそこそこ起用されているが、現在の年俸では引退後の生活など全くもって心許ない状況。そんな「夏之介」は、厳しいプロ野球界の中で、「グラウンドには銭が埋まっている」、略して「グラゼニ」の精神を掲げ、自分の引退後の人生を盤石の物にするため、日々試合に向かう。試合以外の裏話や選手達の引退後の人生がどうなるかなど細かく取り上げている、非常にリアルな描写の数々に高い評価が寄せられていて、2012年版『このマンガがすごい!』オトコ編第2位を獲得、第37回講談社漫画賞を受賞した作品。プロ野球選手と聞くと、どこか雲の上のような遠い存在に感じがちだが、年俸で選手の上下を計る性分をしており、自分より年俸が低い打者は抑え、高い打者には打たれる「夏之介」の人間味ある性格も共感を得ている。

『ゲゲゲの鬼太郎』

巨匠「水木しげる」の代表作であり、戦後日本に妖怪という概念を定着させた不屈の名作『ゲゲゲの鬼太郎』。主人公「鬼太郎」を中心に、多種多様で強烈なキャラクター性をもった妖怪たちが巻き起こす騒動を描いているのが本筋。登場する妖怪の大部分は、日本各地の伝承や江戸時代の黄表紙などに記されていたものを原典としているが、「子泣き爺」「砂かけ婆」「一反もめん」「ぬりかべ」など、本作によってそのイメージが確立し、一般に膾炙されることになった妖怪も多い。また、本作は貸本漫画であった『墓場鬼太郎』をベースとして少年誌に連載された作品であり、「鬼太郎」「目玉おやじ」「ねずみ男」などのキャラクターは、『墓場鬼太郎』版のものがほぼそのままの形で流用されている。なお、連載当初のタイトルも『墓場の鬼太郎』であったが、TVアニメ化にあたって『ゲゲゲの鬼太郎』に改題され、それが定着したというエピソードもある。

『キャプテン翼』

『キャプテン翼』は従来のスポーツ漫画ではあまり見られなかった、サッカー(スポーツ)の楽しさやサッカーの魅力を伝えることに重点が置かれているマンガだ。主人公「大空翼」の「ボールは友達」という言葉がこのコンセプトを象徴していおり、温和な性格な彼は難易度が高いサッカー技術を一目で身に付けられるほどの天賦の才を持っていながら、屈託がない人物。「翼」の目標も、「プロサッカー選手になって、日本代表をワールドカップで優勝に導く」という明快なもので、その夢を追いかける彼の姿は掲載誌を変え長年描かれ続けている。長期連載を果たした作品で、原作は大人になって活躍する「翼」たちの姿も描かれているが、2018年度版のアニメは、最も親しまれているサッカー少年時代のもの。世代を超えどのように表現されるのか、多くの原作ファンから注目を集めている。

『ラーメン大好き小泉さん』

お嬢様の雰囲気漂うミステリアスな女子高生「小泉さん」が、彩り豊かなラーメンの数々を心ゆくまで堪能する姿を描いたグルメマンガ『ラーメン大好き小泉さん』。ある日、寡黙な転校生「小泉さん」が、ラーメン屋の行列に1人で静かに並ぶ姿を目撃した同級生の「大澤悠」。成り行きで一緒にラーメン店に入ることになった「悠」だが、注文して出てきたのは、器からあふれんばかりの具材が盛られたラーメンだった。その圧倒的な量に戸惑う「悠」だったが、さらに驚きだったのは、その山盛りのラーメンを勢い良く啜る「小泉さん」の姿だった。普段の様子とはまるで違う幸せそうな表情を見せる彼女は実は、ラーメンをこよなく愛するラーメンのプロフェッショナルだったのだ。「小泉さん」やその周囲を中心に届けられるグルメ要素はもちろん面白いが、同じ女性でありながら「小泉さん」を好きすぎる「悠」の言動も変わっていて面白いので必見だ。

関連ガイド

ランキング

2018年9月15日 / 本日発売の単行本

2018年9月15日 / 本日発売の単行本

  • 458 Pt.
  • 公開日時:2018.09.15 06:00
2018年9月19日 / 本日発売の単行本

2018年9月19日 / 本日発売の単行本

  • 401 Pt.
  • 公開日時:2018.09.19 06:00
2018年9月18日 / 本日発売の単行本

2018年9月18日 / 本日発売の単行本

  • 394 Pt.
  • 公開日時:2018.09.18 06:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!