オススメの『週刊ヤングジャンプ』掲載歴のある作品10選!223 Pt.

現在or過去に『週刊ヤングジャンプ』に連載歴のある作品の中からオススメの10作品をお伝えしていく!

オススメの『週刊ヤングジャンプ』掲載歴のある作品10選!

出典:Amazon.co.jp

概要

ちょっと大人向けな週刊誌『週刊ヤングジャンプ』。今回は、同雑誌に連載経験のある作品の中からオススメの作品を紹介していこう!

『ゴールデンカムイ』

日露戦争で絶大な武勲を立て、「不死身の杉元」と謳われた元兵士の「杉元佐一」は、戦友であった「寅次」の妻「梅子」の病気を治療する大金を必要としていた。そのため、彼はかつてはゴールドラッシュに湧いていた北海道で砂金を探し、一攫千金を狙っていた。しかし、砂金はすでに掘り尽くされ、「杉元」は途方に暮れる。そんなある日、「杉元」は酔っ払いの男から日本人に迫害されていたアイヌたちの一部が、抵抗運動をするための軍資金として金塊を貯蔵していたという噂を耳にする。以降、元兵士の「杉元」が大自然に生きるアイヌ民族の少女「アシリパ」と協力して手掛かりを集めていく様子を描いたサバイバルアクションマンガ『ゴールデンカムイ』。これまでどのマンガでもあまり取り上げてこられなかったアイヌの歴史についても深く描いていることが特色で、当時の食生活などアクション以外のところでも見所がいっぱい詰まったマンガである。

『東京喰種トーキョーグール』

人間世界に紛れ込み、人肉を喰らう怪人「喰種」たちがはびこる東京を舞台としたダークファンタジー作品『東京喰種トーキョーグール』。ある事件をきっかけに「喰種」の臓器を移植されたことで、人肉を欲する怪人として生きることを宿命付けられた大学生の青年「カネキ」の苦悩と戦いがメインが描かれている。特に人間と「喰種」の間に位置する存在となったことで「カネキ」が身を寄せた、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」の面々との交流する日々の描写が多く、そこでの「喰種」たちとの日々を通じて彼らの考え方や境遇を知ることとなった「カネキ」が、やがて自分なりに考え、模索し始めていく。「喰種」だけでなく、彼らの対抗組織として人間が構成した組織の面々も多数登場。続編にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』は『週刊ヤングジャンプ』に現在も連載中だ。

『テラフォーマーズ』

20世紀に実行された火星の「テラフォーミング計画」。地表を覆う苔と大量に放ったゴキブリによって火星を暖め、人の住める星に改造するというこの計画は、増え続ける人口増加への対策として期待された。それから500年後、火星の探査に向かった「バグズ1号」が謎の生命体によって全滅する。生命体の正体、それは人型に進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」だった。「テラフォーマー」を掃討するため、生態強化を施した15人の宇宙飛行士が宇宙船「バグズ2号」で火星へと送り込まれるが、「テラフォーマー」は人類の想像以上に進化を遂げていて……。人為変態手術によって虫や動物の能力を手に入れた人々と「テラフォーマー」の互いの存亡をかけた戦いを描いた、SFアクションマンガ『テラフォーマーズ』。映画化した際に取り上げられたのは作品の一巻に収録されている宇宙船「バグズ2号」の搭乗員と「テラフォーマー」との戦い。そちらをご覧になった方は、ぜひ本作で彼らの戦いの続きを読んでみてほしい。

『リアル』

代表作として『スラムダンク』『バガボンド』なども挙げられる人気マンガ家「井上雄彦」が描いた車椅子バスケマンガ『リアル』。様々なキャラにスポットを当てつつ複数のストーリーが盛り込まれているのが本作の特徴で、足を失った元陸上選手の「戸川清春」や、何事もそつなくこなしていた過去から事故でいきなり車椅子生活になったことを中々受け入れられない「高橋久信」など色んな性格の人間が葛藤している様が文字通りリアルに描かれている。本作のメイン主人公「野宮朋美」は車椅子生活ではない。しかし、「戸川」や「高橋」など逆境に立たされている人間の戦う姿にふれることで様々な気づきを得ていき、自分ができることをひたすらに努力することの重要性に気づいていく。そんな「野宮」の姿に共感し、車椅子に乗ったことがない人も考え方の幅が広がっていくことだろう。フィクションでありながら、厳しい現実を知ることができる名作として、特に若い世代の人たちに読んでほしい。

『嘘喰い』

ギャンブル狂の「梶隆臣」は、ある日いつも通りパチンコを打っていると、パチスロの演出が分からず困っている「斑目貘」をたまたま見つけアドバイスをする。それが縁で「梶隆臣」の借金返済の手伝いをしてくれるという「斑目貘」だが、その正体は実は……。「嘘を喰う」というタイトル通り、ギャンブルゲームで相手の嘘を喰い、次々と負かしていく。勝利を得た瞬間に「班目獏」が発する「 あんた、嘘つきだね」の決めセリフが痛快でたまらない!登場人物それぞれの毎回違う頭脳戦が楽しみで、ライバルたちは暴力を振りかざすことも厭わない一癖も二癖もある強者ばかり。そんな彼らを相手にする「貘」のレベルの高い頭脳戦を楽しめつつ、中立にゲームを進行することをモットーとする「立会人」らが繰り広げる迫力満点の戦闘シーンを、ぜひ堪能してほしい。

『干物妹!うまるちゃん』

手がかかる妹と言えば真っ先に思い浮かぶ人もいるのではなかろうか。『干物妹!うまるちゃん』の主人公「土間うまる」は、外では完璧JKとして周囲の人達から人気を得ているが、一歩家に入ると途端に堕落の極みのような生活態度へと一変する、困った干物の妹、通称「干物妹(ひもうと)」だ。コーラとお菓子に囲まれて、アニメにゲームのぐうたら三昧。一緒に暮らす兄「タイヘイ」へのワガママもとどまることを知らず、怒られることも度々。しかしその「タイヘイ」への態度は信頼と愛情の裏返しらしく、また人への気遣いや優しさを忘れないなど、人柄は良いのでどこか憎めないキャラクターだ。そんな干物のように残念な妹と、彼女がだらけすぎないよう咎める兄の日常は、学校でできた個性的な友人たちと共にどんどん楽しく騒がしくなっていく。

『GANTZ』

主人公「玄野計」は、小学校時代の親友である「加藤勝」と共に電車にひかれ死んでしまう。次の瞬間、彼らはマンションの一室におり、同じように死んだはずの人々と、謎の大きな黒い球「ガンツ」が置かれていた。「ガンツ」からのミッションを成功させ、100点を得ると人を生き返らせれるとことができるいう謎のミッションのために「玄野」は戦闘を繰り返していく。なぜこのようなミッションを繰り返し行っているのか、黒い球の正体は何なのかは、中盤まで全く明かされず、読者はこれは一体何なのかと考えながらもこれらの正体を待ちながらストーリーを読んでいくことで、期待感と待ち遠しい気持ちが多くの読者を惹きつける。また、謎のミッションで100点をため仲間を生き返らせるとき、誰を生き返らせるのか。特筆すべきは圧倒的なビジュアル‼ マンガなのにまるで映像を見ているかのような美しい作画は他作品とは一線を画しているのでこちらにも注目して見て頂きたいほか、実写劇場版では「玄野計」を「二宮和也」、「加藤勝」を「松山ケンイチ」が迫力ある演技とアクションで再現した。

『ONE OUTS』

沖縄での賭け野球で無敗を誇っていた「渡久地東亜」が、プロ野球チーム「埼京彩珠リカオンズ」の名打者「児島」に敗戦後、彼の誘いを受けてプロの舞台に立つことに。勝負師として知力と戦略を武器に、「東亜」が圧倒的不利な条件を跳ね除け勝利を積み上げていく姿を描いた『ONE OUTS-ワンナウツ-』。本作は、普通の野球マンガと違って、爽やかさや青春らしさは全くないが、ダークヒーローとも呼べる主人公の魅力が際立っていて、とても面白いストーリーとなっている。心理戦を主体としたマンガが好きな人なら特に気に入るだろう。ギャンブルで鍛えられた勝負師としての才覚を活かし、勝利の為にあらゆる策を講じる「渡久地」に胸躍らせる作品であり、他に類を見ないストーリーに引き込まれてしまうこと間違いなしなマンガである。

『天上天下』

武芸に秀でた者たちが集う「統道学園」に入学した「凪宗一郎」は、入学早々、親友の「ボブ牧原」と共に学園内で乱闘騒ぎを起こす。だが、その事態の収拾にあたった柔剣部の部長「棗真夜」に返り討ちに遭い、力の無さを自覚したふたりは柔剣部に入部。同部部員の「棗亜夜」や「高柳雅孝」と共に成長していくが、その素行の悪さが引き金となり、学園を取り仕切る執行部に目をつけられてしまう。やがて、事態は執行部との全面戦争に発展。「凪」はその背景に異能の力を持つ者たちが関わっていることを知る。武道に優れた者が集う「統道学園」を舞台に、異能の力を持つ者と持たざる者のバトルを描いた学園アクションマンガ『天上天下』。先述の通り異能力あり正統派の武闘ありというあらゆるバトル要素が組み込まれていることが魅力の上、様々な思いや人の歴史が入り混じる重厚なストーリーも楽しむことができる。デザイン力に定評のある「大暮維人」の繊細なタッチにも要注目の一作だ。

『極黒のブリュンヒルデ』

頭脳明晰な高校生の「村上良太」と、研究所を脱走した「魔法使い」の少女たちの、凄惨な逃亡生活を描く。「黒羽寧子」をはじめとする魔法使いの少女たちは「鎮死剤」と呼ばれる延命薬を定期的に飲まなければ、全身から出血して絶命してしまう。タイムリミットのある生命を精一杯生きようとする少女たちの切ない心情が、時には刺激的な描写をまじえながら描かれていく『極黒のブリュンヒルデ』。また、「良太」がブレーンとなり、超絶的ではあるものの、限定的な「黒羽寧子」らの超能力を用いて、刺客として送り込まれる格上の魔法使いを撃退するという頭脳バトルの要素も含まれる。お互いが足りないところを補い合い、壮絶な運命に抗おうとする少年少女たちの戦いは要必見だ! 全18巻で既に完結済みの作品だが、2014年には全13話にわたってアニメ放送もされている。

関連ガイド

ランキング

2019年9月17日 / 本日発売の単行本

2019年9月17日 / 本日発売の単行本

  • 639 Pt.
  • 公開日時:2019.09.17 06:00
2019年9月19日 / 本日発売の単行本

2019年9月19日 / 本日発売の単行本

  • 609 Pt.
  • 公開日時:2019.09.19 06:00
2019年9月18日 / 本日発売の単行本

2019年9月18日 / 本日発売の単行本

  • 585 Pt.
  • 公開日時:2019.09.18 06:00

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!