コウケツ

北斗の拳(漫画)の登場人物。

  • コウケツ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
コウケツ
ふりがな
こうけつ

総合スレッド

コウケツ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

中年男性。元はラオウの馬番だったが、周囲に媚びる卑屈さから軽んじられていた。ラオウ亡き後のどさくさで大地主に成り上がり、甘言で騙した人々を奴隷同様に働かせる。

登場人物・キャラクター

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。全身筋肉の塊のような巨体を持つ。北斗神拳の元・伝承者候補で、ケンシロウにとっては義兄にあたる。また、同じ伝承者候補のトキは血が繋がった実の弟。全てを打ち砕く剛拳を持ち、...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...