ジュウザ

北斗の拳(漫画)の登場人物。別称、雲のジュウザ。ユリアとは親族関係にある。

  • ジュウザ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
ジュウザ
別称
雲のジュウザ

総合スレッド

ジュウザ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

青年男性。南斗五車星の一人で、「雲」の男。ユリアの母違いの兄。何ものにも縛られない、飄々とした性格。拳法に関して天才的な才能を誇り、型にはまらない我流の拳を使う。ユリアを愛していたが、兄妹ゆえに思いが叶うことがないと知って出奔。自らの南斗五車星としての宿命から目を背けて気ままに暮らす日々を送っていた。

南斗最後の将ユリアであることを知り、南斗五車星として立ち上がる。

登場人物・キャラクター

成人女性。ケンシロウの恋人。気高く慈悲深い女性で、ラオウやトキ、シンといった多数の拳法家から思いを寄せられていた。核戦争後、ケンシロウと共に旅立とうとするところをシンにさらわれる。シンからは贅沢な暮ら...

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する役職で、南斗最後の将を守る役目を持つ五人の拳法家のこと。作中ではヒューイ、シュレン、ジュウザ、フドウ、リハクがこれに当たる。五つの星が円形に並んだ刺青をしており、これを通して仲間...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...