バット

バット

北斗の拳(漫画)の登場人物。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
バット
ふりがな
ばっと
関連商品
Amazon 楽天

概要

小柄な少年。こそ泥のようなことを繰り返して生きてきたが、ケンシロウの強さに惚れ込んで押しかけ同行者となる。悪ぶってはいるが心根は優しく、育ての親の負担を減らすために自ら家を出たという過去を持つ。各地を放浪した経験から世慣れており、時にケンシロウの旅を助けることも。当初は世紀末世界に生きる人間らしく姑息な面もあったが、ケンシロウの戦いを間近で見続けたことから考え方が変化。

青年となってからは、レジスタンス・北斗の軍の中核人物として、虐げられた人々のためにその身を削って戦う。リンに思いを寄せている。

関連人物・キャラクター

リン

年端もいかない少女。目の前で両親を殺された経験から言葉を失っていたが、ケンシロウに秘孔を突かれて喋れるようになった。バットと共にケンシロウの旅に同行し、様々な経験を積む。子供ゆえに拳法の経験もなく、戦... 関連ページ:リン

ケンシロウ

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。一子相伝の暗殺拳・北斗神拳の伝承者で、、余人を寄せ付けない優れた戦闘力を備える。筋骨隆々の逞しい肉体を持ち、胸には北斗七星の形に並んだ七つの傷がある。北斗神拳の伝承者候... 関連ページ:ケンシロウ

関連キーワード

北斗の軍

『北斗の拳』に登場するレジスタンス組織。天帝の圧政から人々を救うべく、囚人護送車を襲い、天帝の支配地域を攻撃するなどの活躍を見せ、「神出鬼没の武闘集団」と呼ばれる。成長したリンとバットがリーダーを、リ... 関連ページ:北斗の軍

登場作品

北斗の拳

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが... 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon
logo