ヒョウ

北斗の拳(漫画)の登場人物。ケンシロウとは親族関係にある。

  • ヒョウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
ヒョウ
ふりがな
ひょう

総合スレッド

ヒョウ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

青年男性。額に大きな傷痕がある。北斗琉拳を使う拳法家。ケンシロウの実兄で、北斗宗家の血筋を引く。従者であるカイオウを友と呼び、彼の妹であるサヤカを愛するなど、力が全ての修羅の国にあっても人間味に溢れる人物。ケンシロウラオウトキ北斗神拳を学ぶために異国へ送られたが、カイオウヒョウ北斗神拳への入門を許されず、生き別れとなった。

恋人・サヤカの死がケンシロウによるものだとカイオウに信じ込まされ、ケンシロウと戦うことに。

登場人物・キャラクター

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。一子相伝の暗殺拳・北斗神拳の伝承者で、、余人を寄せ付けない優れた戦闘力を備える。筋骨隆々の逞しい肉体を持ち、胸には北斗七星の形に並んだ七つの傷がある。北斗神拳の伝承者候...
青年男性。常に甲冑を身にまとっている。北斗琉拳を使う拳法家。ラオウとトキの兄。悪を信奉し、仁・義・信を最も嫌うと公言してはばからない苛烈な人物。元々は天才的な拳法の才能と人望を持つ少年だったが、周囲か...

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する国。ケンシロウとラオウが戦っていた場所からは海を隔てた場所に存在しており、戦いにおける強さこそが全てという価値観が国の根幹。男性は12歳から15歳の間に100回戦い、勝てば修羅と...
『北斗の拳』に登場する拳法。北斗神拳から分かれた拳法であり、北斗神拳同様、相手の身体を突いて内部から破壊する。北斗神拳でいうところの経絡秘孔は経絡破孔と呼ばれ、人体に1109個あるとされる。心を狂わす...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...