マミヤ

マミヤ

北斗の拳(漫画)の登場人物。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
マミヤ
ふりがな
まみや
関連商品
Amazon 楽天

概要

成人女性。世紀末の無秩序状態の中、豊富な水のある村を守るリーダー。ケンシロウら一流の拳法家にはかなわないものの、戦いの心得があり、ボウガンやヨーヨー、峨嵋刺(鋼鉄でできた棒状の武器)といった武器を振るって戦う。本来は女性らしく優しい人物だが、かつてユダにさらわれた経験から女性であることを捨てた。

村を守るため、人質となった弟を見捨てるなど、その覚悟は徹底。村の用心棒としてケンシロウレイを雇い入れ、共に行動をする中でレイに心惹かれるようになる。

関連人物・キャラクター

レイ

青年男性。南斗水鳥拳を使う拳法家。南斗六聖拳の一人で、他者に尽くす義星の男。女性と間違えられる美貌の持ち主。さらわれた妹アイリを捜して放浪の旅を続ける中でケンシロウと出逢い、行動を共にする。当初は女性... 関連ページ:レイ

ケンシロウ

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。一子相伝の暗殺拳・北斗神拳の伝承者で、、余人を寄せ付けない優れた戦闘力を備える。筋骨隆々の逞しい肉体を持ち、胸には北斗七星の形に並んだ七つの傷がある。北斗神拳の伝承者候... 関連ページ:ケンシロウ

登場作品

北斗の拳

核戦争の後、暴力が全てを支配する無秩序状態になった世界。北斗神拳の伝承者であるケンシロウは、そんな世紀末世界を恐怖と力で支配しようとする義兄・ラオウに立ち向かう。原作は武論尊。 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon
logo