ユダ

ユダ

北斗の拳(漫画)の登場人物。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
ユダ
ふりがな
ゆだ
関連商品
Amazon 楽天

概要

青年男性。南斗紅鶴拳を使う拳法家。南斗六聖拳の一人で、他者を裏切る妖星の男。自らの美貌と強さに絶対の自信を持つが、その自分が心奪われたレイに対して愛憎入り交じった感情を抱く。無法者の部下を従え、巨大な城に美女を侍らせる。美しさとは裏腹に、その性格は残忍にして冷酷。部下を捨て駒として悪びれることがなく、村を水浸しにしてレイのフットワークを封じるなど、様々な知略を巡らせる。

関連人物・キャラクター

レイ

青年男性。南斗水鳥拳を使う拳法家。南斗六聖拳の一人で、他者に尽くす義星の男。女性と間違えられる美貌の持ち主。さらわれた妹アイリを捜して放浪の旅を続ける中でケンシロウと出逢い、行動を共にする。当初は女性... 関連ページ:レイ

マミヤ

成人女性。世紀末の無秩序状態の中、豊富な水のある村を守るリーダー。ケンシロウら一流の拳法家にはかなわないものの、戦いの心得があり、ボウガンやヨーヨー、峨嵋刺(鋼鉄でできた棒状の武器)といった武器を振る... 関連ページ:マミヤ

関連キーワード

南斗紅鶴拳

『北斗の拳』に登場する拳法。ユダが用いる。衝撃波を相手に放って戦う。その拳の素早さから、攻撃を受けた身体の前面ではなく、背中側が裂ける。ユダは、レイと戦う際に周囲を水浸しにしてレイのフットワークを封じていたが、ユダ自身は普通に戦えていたことから、南斗水鳥拳よりは足さばきが重視されない。

登場作品

北斗の拳

核戦争の後、暴力が全てを支配する無秩序状態になった世界。北斗神拳の伝承者であるケンシロウは、そんな世紀末世界を恐怖と力で支配しようとする義兄・ラオウに立ち向かう。原作は武論尊。 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon
logo