• 北斗の拳 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 北斗宗家

北斗宗家

北斗宗家

北斗の拳(漫画)に登場する集団。読みは「ほくとそうけ」。

登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
北斗宗家
ふりがな
ほくとそうけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

北斗神拳北斗琉拳を生み出す母体となった。ケンシロウヒョウが正統の血を引いている。内部では血統が重視されており、正統でないカイオウが正統のヒョウを凌がぬよう、暴力を振るったり、訓練の際に負けるよう強要したりといった行為が行われていた。

登場作品

北斗の拳

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが... 関連ページ:北斗の拳

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
北斗の拳
logo