タランダ・リーゼロッテ橘

からくりサーカス(漫画)の登場人物。読みは「たらんだ・りーぜろってたちばな」。別称、シスター・リーゼロッテ。

  • タランダ・リーゼロッテ橘
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
タランダ・リーゼロッテ橘
ふりがな
たらんだ・りーぜろってたちばな
別称
シスター・リーゼロッテ
別称
リーゼ

総合スレッド

タランダ・リーゼロッテ橘(からくりサーカス)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

サーカス編に登場。元々は双子の姉・ヘレンとともにサーカスで猛獣使いをしていたが、公演中に猛獣・ビーストによってヘレンが殺害されてしまう。その後、別のサーカスに引き取られたビーストが日本に連れてこられた際、脱走したことを知り、ビーストの暴走を止め、ヘレンの復讐を果たすために自身に従うライオン・ドラムとともに来日。

その過程で才賀勝エレオノールら仲町サーカスと出会う。ヘレン在命時は、日常的に彼女から罵倒されており、そのために心が歪んでしまっていた。ビーストと対峙するにあたっては自らを囮として喰らわせ、その隙をドラムに突かせようと考えていたが、勝がそれを阻止。

結果、猛獣使いとして覚醒し、ビーストの打倒に成功する。その後は仲町サーカスに身を寄せるように。命を顧みず自身を救ってくれた勝に恋心を抱くようになった。機械仕掛けの神編ではエレオノールと一緒にいたため、ゾナハ病に罹患せず、猛獣使いとしての能力を活かし、自動人形との激闘を繰り広げる。

ドイツ人と日本人のハーフ。

登場人物・キャラクター

もともとは母親とふたりで暮らしていたが、母親が心臓病で他界すると世界的大企業サイガの社長である才賀貞義の息子であることを知らされる。才賀の屋敷に住むようになるが、愛人の子ということで学校では壮絶なイジ...
才賀正二とアンジェリーナの娘で、しろがね同士の男女から産まれた唯一の例。懸糸傀儡(マリオネット)「あるるかん」の繰り手。アンジェリーナの体内にあった柔らかい石が誕生の際に移動しているが、心臓と同化して...
サーカス編に登場。子供の頃にサーカスに売られ、以来、サーカス芸人として身を立てる。サーカスでの得意技は、強靭な歯と胃袋を使った石食い。自らのサーカス・仲町サーカスを起ちあげ、一時は隆盛を極めた。しかし...

登場作品

才賀勝はたった二人で生きてきた母親を病気で失うと、初めて父親が世界的大企業・サイガの社長だったことを知る。才賀家に引き取られたものの、愛人の子ということで学校でも家庭でも壮絶ないじめを受ける勝だったが...