パンタローネ

パンタローネ

からくりサーカス(漫画)の登場人物。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
パンタローネ
ふりがな
ぱんたろーね
関連商品
Amazon 楽天

概要

「からくり編」に登場する、フランシーヌ人形と同時期に白金によって作り出された自動人形(オートマータ)。白金に去られたフランシーヌ人形が錬成した擬似体液によって自我を与えられ、アルレッキーノコロンビーヌドットーレとともに「最古の四人」(レ・キャトル・ピオネール)と並び称される。

掌に穿たれた穴から大量の空気を出し入れして相手を攻撃する「深緑の手(レ・マン・ヴェール・フォンセ)」という技の使い手。自分たちを追う加藤鳴海ルシール・ベルヌイユに興味を覚え、中国へ赴き、白金が作り出した「生命の水(アクア・ウイタエ)」を湛えた泉を発見。摂取することで自動人形の黄金律(ゴールデンルール)を超えようとしたが、その場にいた白家の子孫で鳴海の師匠かつ梁明霞の父である梁剣峰の命がけの妨害によって失敗に終わる。

サハラ戦では阿紫花英良や「しろがね」たちを圧倒するが、瀕死になった後、散っていった仲間の糸操り人形のパーツを取り付けた鳴海によって粉砕された。サハラ戦後は、造物主たるフェイスレスによって修理され、慰み者として扱われる。

フェイスレスに攫われたエレオノールの世話係を命じられ、面会した際、エレオノールがフランシーヌ人形に酷似していることから彼女を主として奉るようになる。当初はエレオノールに邪険に扱われるが、甲斐甲斐しく仕え、まずは「人間をこれ以上傷つけるな」という命を下される。

その後、フェイスレスの命により、対ゾナハ病のマシン「ハリー」を奪取する一員としてアメリカ・イリノイ州にあるレイ疫病研究所に赴く。 アメリカで人間との戦いに入るが、エレオノールの命に従い、自動人形を裏切り人間を守る行動を取った。時を同じくしてハリーの回収に訪れていた鳴海に救われ、再びエレオノールの元に戻る。その後はフェイスレス側ではなく、エレオノールとともに残された人間のために戦うことに。

フェイスレスが生み出した「最後の四人」の接近を感知し、エレオノールに暇乞いをした際、「戦って、勝ちなさい。そして…必ず戻ってきなさい」との言葉を賜り、嬉々として戦場に赴く。

関連人物・キャラクター

梁 明霞

加藤鳴海の拳法の師匠・梁剣峰の娘で、加藤鳴海の姉弟子にあたる。女優になるという夢を持っており、道場を営んでいる実家を飛び出して香港に行って映画に出演するまでになった。しかしあるとき、父がゾナハ病にかか... 関連ページ:梁 明霞

エレオノール

「自分の身に危険が迫ったら、一番近くのサーカスに行って助けを求めよ」と祖父・才賀正二に言われた才賀勝の前に現れた、銀髪で銀目の美しい女性。年齢は18歳で身長168cm。幼い頃、正二に「勝という少年を守... 関連ページ:エレオノール

関連キーワード

自動人形

白金によって「生命の水(アクア・ウイタエ)」を与えられたフランシーヌ人形が作り出した、自立思考する人形。フランシーヌ人形が、自分が笑えなかったために造物主の白金が去ったと考えたため、自動人形はフランシ... 関連ページ:自動人形

サハラ戦

200年の間、「真夜中のサーカス」の居場所は、何度かの偶然以外には突き止められなかったが、しろがね犬の嗅覚により、サハラ砂漠にあることが、ルシール・ベルヌイユ、加藤鳴海、梁明霞(ミンシア)「によって特... 関連ページ:サハラ戦

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo