最古の四人

最古の四人

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
最古の四人
ふりがな
れきゃとるぴおねーる
関連商品
Amazon 楽天

概要

白金によって、フランシーヌ人形を笑わせるために作られたアルレッキーノパンタローネコロンビーヌドットーレの4体の自動人形(オートマータ)。白金がフランシーヌ人形を捨てて去った後に一度機能停止したが、フランシーヌ人形が「生命の水(アクア・ウイタエ)」を真似て作った擬似体液により自らの意思を持つことができるようになった。その後、「真夜中のサーカス」を名乗って仲間の自動人形を増やし、約200年にわたって世界中にゾナハ病をばら撒きながら、フランシーヌ人形が笑う方法を探している。

しろがねしろがね-Oとの総力戦であるサハラ戦にて、ドットーレは最古のしろがねであるルシール・ベルヌイユと相討ちとなり、機能を完全に停止させられた。アルレッキーノとパンタローネは、シュヴァルツェス・トーアらによる大手術で復活した加藤鳴海によって、機能停止寸前まで破壊された。コロンビーヌはティンババティ糸操り人形マンバ」の捨て身の技「毒牙の塔」とスティーブ・ロッケンフィールドの糸操り人形「ペンタゴナ・ノッカー」の必殺技「ペイントルネード」によって機能停止寸前まで破壊された。

その後、フェイスレスによってアルレッキーノとパンタローネは元の姿に、コロンビーヌは破損が酷かったため少女の姿に修復された。新しく作られた「最後の四人」であるハーレクインカピタン・グラツィアーノブリゲッラ・カヴィッキオ・ダ・ヴァル・ブレンバーナディアマンティーナらの自動人形からは「旧型」と罵られ、存在の要であるフランシーヌ人形もいないことで目的を失っていた。だが、「最後の四人」が拉致してきたエレオノールの姿がフランシーヌ人形にそっくりだったため、彼女に忠誠を誓うことで存在意義を見出すことになる。

やがて、「人間を殺すな」とのエレオノールの命令に従った結果、アルレッキーノは生方涼子と、パンタローネは生方法安と、コロンビーヌは才賀勝と心を通わせることとなる。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
からくりサーカス
logo