疑似体液

疑似体液

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
疑似体液
ふりがな
ぎじたいえき
関連商品
Amazon 楽天

概要

白金が作り出した「生命の水(アクア・ウイタエ)」を真似て、フランシーヌ人形が作ったもの。フランシーヌ人形自体は「生命の水」によって生を受けたが、自動人形(オートマータ)はこの疑似体液によって活動と思考ができるようになっている。ただしこの疑似体液は、人間の血液を定期的に摂取しないと機能を失うため、自動人形は常に人を襲ってその血液を求める存在である。

加藤鳴海やその師匠の梁剣峰、姉弟子の梁明霞らの中国拳法で扱う「気」は、この疑似体液を振動によって沸騰させる効果があるため、しろがねのように糸操り人形を使わず素手で自動人形を倒すことができる。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
からくりサーカス
logo