転送

転送

からくりサーカス(漫画)に登場する技術。読みは「だうんろーど」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
転送
ふりがな
だうんろーど
関連商品
Amazon 楽天

概要

人間の脳に格納されている情報をすべて電気信号に変換し、他人の脳に移し替えることで人格を移動させられるというもの。老いた白金が、自身が溶けた「生命の水(アクア・ウイタエ)」を子どもに飲ませることでディーン・メーストルに人格を移動させたが、この方法では完全な記憶の継承が不可能なため、才賀勝の体に乗り移る際にこの転送を用いようとした。「しろがね-O」や「O」にもこの転送の技術が用いられている。

転送には3段階あり、第1段階が記憶の転送、第2段階が人格の転送、第3段階が記憶と人格を関連付けて組み合わせるという課程を経て、完全に別の体に自身を移すことができる。物語登場時の勝は第1段階まで転送された状態で、黒賀村才賀正二の希釈された「生命の水(アクア・ウイタエ)」が溶けた血を飲み、正二の記憶を体験したことがきっかけとなり、白金の記憶を取り戻した。

関連キーワード

しろがね-O

フェイスレスによって生み出された、「しろがね」を人体改造で強化した存在。テトラカーボン製の骨格に有機合成繊維の筋肉、デジタライズされた神経系を有している。改造の結果、眼球すべてが銀色になっている。通常... 関連ページ:しろがね-O

登場作品

からくりサーカス

世界観作品全体を通して描かれているのは、兄と弟、そして命の大切さと笑顔。これらが密接に登場人物の行動や考え方に関わってくる。ひとりの女性を巡って対立する兄弟、ひとりの女性を想い合う兄のような存在と弟の... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
しろがね-O
登場作品
からくりサーカス
logo