転送

からくりサーカス(漫画)に登場する技術。読みは「だうんろーど」。

  • 転送
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
転送
ふりがな
だうんろーど

総合スレッド

転送(からくりサーカス)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

人間の脳に格納されている情報をすべて電気信号に変換し、他人の脳に移し替えることで人格を移動させられるというもの。老いた白金が自身が溶けた生命の水を子どもに飲ませることでディーン・メーストルに人格を移動させたが、この方法では完全な記憶の継承が不可能なため、才賀勝の体に乗り移る際にこの転送を用いようとした。

しかし勝はこの世で最も濃い生命の水であるエレオノールの血液を飲んでいたため、記憶を外部から書き換えるという不自然な行為は病気と判断され、人格移転は失敗に終わる。なお、サハラ戦後、白金に従ったしろがね-Oにもこの転送の技術が用いられている。

関連キーワード

『からくりサーカス』に登場する用語。しろがねの副司令・フェイスレス(=白金)によって生み出された、しろがねを人体改造で強化した存在。改造の結果、瞳が失われて眼球はただの銀色の球になっている。通常のしろ...

登場作品

才賀勝はたった二人で生きてきた母親を病気で失うと、初めて父親が世界的大企業・サイガの社長だったことを知る。才賀家に引き取られたものの、愛人の子ということで学校でも家庭でも壮絶ないじめを受ける勝だったが...