大泉 裕介

課長島耕作(漫画)の登場人物。読みは「おおいずみ ゆうすけ」。大泉笙子、吉原初太郎とは親族関係にある。

  • 大泉 裕介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
課長島耕作(漫画)
正式名称
大泉 裕介
ふりがな
おおいずみ ゆうすけ

総合スレッド

大泉 裕介(課長島耕作)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

東大法学部卒、四井銀行出身。初芝電器産業の創始者吉原初太郎の娘婿で、初芝アメリカ(ハツシバアメリカ)社長を経て初芝電器産業第4代社長となる。初芝電器産業の筆頭株主である妻大泉笙子には頭があがらない。ホステスの馬島典子を愛人として囲い、初芝アメリカ時代には島耕作馬島典子の監視を依頼する。

自身の派閥大泉派を持つものの、脳出血で倒れ社長の座から退いた際には無派閥の中沢喜一を後任に指名するなど優れた見識を持っている。

登場人物・キャラクター

吉原初太郎の娘で、第4代社長大泉裕介の妻。初芝電器産業の筆頭株主として権力を振るう。父親の隠し子大町愛子を敵視する。大町愛子をかばった島耕作を大泉裕介を操りフィリピンへ左遷させた。
キャラクター紹介初芝電器産業第4代社長大泉裕介の愛人だったが、島耕作とも関係を持つ。しかし大泉裕介が倒れた後は献身して島耕作とは良き友人になる。大泉裕介死後、島耕作が赴任していた中国に渡り、北京でカウ...
初芝電器産業の創始者、初代社長、初代会長。町工場を大手電器メーカーへと育てたカリスマ経営者。大町愛子を愛人として囲っていたが、晩年は性的に衰えたため、初芝電器産業の現会長木野穣と3人による性行為を営ん...

関連キーワード

『課長島耕作』に登場する企業。島耕作が勤めている日本最大手の電器メーカー。カリスマ経営者吉原初太郎が町工場から育て上げた。全国各地に営業所、国内外に自社工場を持つ。ハツシバアメリカ、フィリピン・ハツシ...

登場作品

大手電器メーカー初芝電器産業に勤務する島耕作は同期の中で比較的早く課長に昇進。部下の扱いに苦労し、上司からは無理難題を押しつけられるながらも、プライベートでは充実した女性関係を過ごす日々。出世欲の薄い...