関東地獄地震

関東地獄地震

バイオレンスジャック 東京滅亡編/関東スラム街編(漫画)全編の物語のきっかけとなった地震及び震災の俗称。読みは「かんとうじごくじしん」。

概要

正式名称を昭和震災という。19XX年9月10日午後1時30分に関東一円を襲ったマグニチュード8.9の巨大地震。津波、地盤沈下、火山噴火といった天変地異や都市災害を引き起こし、その被害者数は600万人とも800万人ともいわれる。数か月に及ぶ地震と地殻変動のため、南関東は本州から分断され、日本政府からも見捨てられた暴力が支配する無法地帯と化す。

登場作品

バイオレンスジャック 東京滅亡編/関東スラム街編

197X年9月10日。関東一円をマグニチュード8.9の巨大地震が襲う。のちに関東地獄地震と呼ばれたこの天災は、津波、地盤沈下、火山噴火といった天変地異や都市災害を引き起こし、多くの人々の命を奪う。かつ... 関連ページ:バイオレンスジャック 東京滅亡編/関東スラム街編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo